茨城県立並木中等教育学校
 

 

大学入試結果

令和2年度 大学入試結果 (4/2現在)
R2大学入試結果.pdf
 


 
生徒用ポータルサイト
(接続は校内からのみ)
 
ACCESS1391426
(Since 2015/9/1)

12月2日 並木中等にダルマ出現!?





12月初旬,並木中等の昇降口に写真のようなオブジェが登場。これは,3年次生の美術の授業で制作した「ダルマ」をレイアウトしたもの。美術担当にインタビューすると,次のようなコメントが返ってきました。「感情というテーマをもとに,真っ白な張り子のダルマに変化を起こすことを課題としました。ダルマの型にはまることない作品は,一見ダルマとは言いがたいですが,非常に魅力的でエネルギッシュなものに仕上がりました。また,作品をよさを生かすため,場の設定にもこだわり,机といすをベースにした空間芸術を制作しました。美術は変化を楽しみ,未知に触れることに意義があると思います。大切なことは,知らないものに恐れずに触れることであり,それは未来に触ることでもあるのです。」ダイナミックでエネルギッシュな空間芸術は,もうしばらく展示する予定です。
 

11月26日 あいさつ運動





11月26日(木)朝,さわやかマナーアップキャンペーンの一環として,生活委員会を中心としたあいさつ運動が実施されました。PTAの方々にもご協力いただき,元気よく挨拶を交わして,さわやかな一日の始まりを迎えようとする主旨で毎年行われている行事です。この日は,正門前,通用門前,駐輪場前などで,キャンペーンののぼりを掲げた後期生の生活委員が,登校する本校生徒に挨拶をする場面が見られました。また,昇降口の内外では,前期生が元気よく挨拶を交わしており,笑顔で実施している姿が印象的でした。挨拶は人と人とをつなげる“架け橋”となるものです。今回の運動が単なるキャンペーンではなく,挨拶の大切さを知り,継続していくきっかけになればと思います。
 

11月23日 SSH講座「みんなが夢中になれる授業とは」





11月23日(月・祝),「SSH哲学カフェ~哲学の先生と語ろう!とっても自由な対話の時間~」がオンラインで行われました。ファシリテーターは筑波大学人文社会系の五十嵐沙千子先生に務めていただきました。「みんなが夢中になれる授業とは」について哲学的に対話しましたが,どんどん対話が深まり,教育の本質にまで対話が到達しました。1年次生から5年次生までの希望者が集まり,自分の考えを本音で語り合う中で,スッキリやモヤモヤを繰り返しながら,“正解のない問い”にみんなで向き合いました。3時間があっという間に感じてしまうくらい,楽しい対話の時間になりました。
 

11月18日 5年次修学旅行







11月18日(水),15日(日)に出発した修学旅行から5年次生が帰ってきました。今回は,アジアへの渡航が叶わなかったため,舞台を国内に移して行った3泊4日の旅行でした。1日目は鎌倉・江ノ島へ。天気にも恵まれ,さわやかな初日となりました。2日目は箱根を訪れ,美術館を見学したり,河口湖で自然体験を行ったりしました。3日目の富士急ハイランドでは,思い切りアトラクションを楽しみ,最終日は軽井沢でバーベキューなどをして締めくくりました。今回は,生徒たちが企画して実現できた旅行であったとのこと。海外へ行けなかった分,国内の魅力を再発見するとともに,中等生としての最後の宿泊を伴う行事を満喫できたことと思います。
 

11月18日 2年次ブリティッシュヒルズ







11月16日(月)~18日(水),2年次生が福島県のブリティッシュヒルズで国内語学研修を行ってきました。イギリス風の建築物や調度品に囲まれ,国内でありながら本格的なイギリスの雰囲気を肌で感じてきた2年次生。本場の英語に触れたり,イギリス風の生活体験をしたりと,貴重な学習と体験の機会を満喫してきました。ブルティッシュヒルズでの英語学習は,ハイレベルでありながらもアットホームな雰囲気があります。2年次生にとっては,楽しみながら英語を学べたのではないでしょうか。また,こうした活動を通して,クラスメイトやグループのメンバーとの絆を深めることができたことが,今回の宿泊学習の大きな収穫であったことと思います。2年次生としてのよい思い出となりました。
 

11月17日 3年次東北震災学習







11月17日(火),2泊3日の東北震災学習を終えて,3年次生が戻ってきました。1日目は,松島,瑞巌寺などをめぐり,自然や歴史の壮大さに触れました。2日目は,被災した防災庁舎のある地域を整備した「震災復興祈念公園」を訪れ,語り部の方のお話とあわせて,被災地の現実とそこに住む方々の思いに触れる貴重な体験をしました。3日目は中尊寺を訪れ,まばゆい金色堂を見ながら,奥州藤原氏の栄華をしのびつつ,歴史の重みを味わうことができました。当初訪れる予定であった「広島・京都」を,それぞれ,平和の大切さを知る機会を原爆体験から震災体験へ,歴史と伝統を守っていくことの大切さを知る機会を京都から奥州へ移して学んだ今回の旅行は,3年次生にとって,深く刻まれた思い出の一つになったにちがいありません。
 

11月16日 今日は2年次生と4年次生が出発





昨日に続いて,本日は2年次生が福島にある語学研修施設「ブリティッシュヒルズ」に出発する日です。8時にバスに乗り込み,元気よく中等を出発していきました。そのバスに続くように,さらに4台のバスが中等に到着。今日は4年次生のWR代替行事となる「筑波山登山」が行われる日でもありました。どちらも,校外へ向かうには最高の日和。秋晴れの空の下,2年次生と4年次生も,楽しい時間を過ごすことができると思います。2年次生の宿泊学習は18日まで続きます。
 

11月15日 5年次修学旅行&3年次東北震災学習出発





11月15日(日),2つの年次が県外へと出発しました。5年次生は,神奈川-東海地方を中心とした留学旅行,3年次生は,宮城・岩手方面への震災と歴史遺産に関する学習です。朝7時,中等の駐車場にはすでに多くの5年次生が集合し,バスが出発するのを心待ちにしていた様子でした。3年次生を見送りに8時に土浦駅へ向かうと,コンコースにたくさんの生徒たちが待機していました。こちらも,みんなワクワクしている様子で,「」早く特急に乗って出発したい!」という気持ちが伝わってきました。5年次生は18日,3年次生は17日までの行程です。ぜひ,楽しい思い出をたくさんつくってきてほしいと思います。
 

11月12日 留学先での活躍





本校はNZ北島に3校の姉妹校があります。その一つであるAwatapu Collegeに今年1月末から姉妹校留学をしている4年次の岩木さんが,無事現地での1学年の課程を終えるとともに,「英語・日本語・音楽・科学・数学」の5教科において「成績優秀者」として表彰されるという朗報が届きました。異国でのコロナによるロックダウンを乗り越え,英語の習得・慣れない異国での生活と苦労が絶えない中,「成績優秀者」に選ばれたことは大変素晴らしいことです。表彰式では岩木さんが「さくらさくら」をピアノとフルート用に編曲した曲を現地のクラスメートと披露する栄誉も受けたそうです。現地で国際感覚をさらに磨き,日本を代表するグローバルリーダーとしてさらなる活躍を期待しています。受賞,おめでとうございます!!
 

11月12日 一足先に





11月12日(木),昇降口前にたくさんの旅行バッグがならんでいました。これは,3年次生が15日(日)から出発する東北方面への宿泊学習に向けて,荷物を先に届けるためのものです。生徒たちは,来たるべき2泊3日の宿泊に思いをはせ,バッグを運ぶ姿がとてもうれしそうでした。東北では,東日本大震災の経験を通して学んだり,中尊寺や毛越寺などの文化遺産に触れたりする活動を行ってくるとのこと。楽しい思い出をつくってきてほしいと思います。
 

11月8日 SSH講座「みんなで対話しよう!」





11月8日(日),SSH講座「みんなで対話しよう!ウィズコロナ時代の世の中を情報技術(GIS)やサイエンスで幸せにするには」が行われました。講師は国立環境研究所の亀山先生,佐藤先生,筑波大学の森本先生,超次元空間情報技術株式会社の中村先生,株式会社ESRIジャパンの鈴木先生,齋藤先生にお願いしました。前半は先生方が仕事のどのような場面でGIS(地理情報システム)を活用しているかをお話していただきました。また鈴木先生に「コロナウイルスとGIS」というテーマで,コロナウイルス対策として世界でどのようにGISが活用されたいるのかを具体例を交えてお話いただきました。後半は「将来の不安や日本や世界の課題」を各自挙げてもらい,その中から話したいテーマについてグループでディスカッションしました。世界を幸せにするためには情報技術がとても重要な役割をすることを学ぶことができた有意義な時間になりました。
 

11月6日 1年次筑波山登山





11月6日(金),1年時生による「筑波山登山」が行われました。女体山までの道のりは決して平坦ではありませんでしたが,踏みしめる地面も気温もベストコンディション。みんなで力を合わせて元気よく頂上めざして登っていくことができました。また,御幸ヶ原や筑波山神社での休憩タイムでは,疲れなど忘れたかのように,大いにはしゃぎ,楽しむ姿が印象的でした。1年次生にとっては,これが中等生になって初めての校外行事です。喜びもひとしおであったことと思います。貴重な1日を存分に楽しみ,思い出を作った1年次生でした。
 

10月31日 将棋大会優勝





10月31日(土),茨城県高等学校秋季将棋大会が,水戸市にある県立青少年会館で行われました。この大会は,12月に行われる関東大会,1月に行われる全国大会の県予選という位置付けです。ここで,囲碁の大会(9月19日のブログ記事参照)でも優勝を果たした,5年次の青柳さんが5連勝を成し遂げ,見事1位に輝きました。今年度はコロナ禍の影響で大会が開催されるかどうかも懸念されましたが,無事実施することができ,そこで並木中等生が存分に力を発揮できたこと,素晴らしいと思います。上位大会でのさらなる活躍を期待しています。おめでとう!
 

10月28日 いばらきっ子郷土検定





10月28日(水),2年次生が「いばらきっ子郷土検定」を行いました。これは,毎年中学2年生にあたる県内の生徒が実施しているもので,茨城県の魅力や特色を多くの子どもたちに知ってもらおうと始まった検定です。問題は全部で50問。県問題と市町村問題からなり,歴史や名所・旧蹟,時事問題に至るまで,郷土の魅力がたくさん発見できる検定となっています。検定を終えた2年次生の手応えは様々ですが,各市町村から1校が選出され,県大会にもつながるこの郷土検定,後日発表される結果がとても楽しみです。
 

10月27日 受賞者にインタビュー(学生科学賞編)





第64回学生科学賞県審査の結果,本校前期生が多くの賞を受賞しました。中でも,ベスト3となる県知事賞,県議会議長賞,県教育長賞を本校3年次生が独占!並木中等における科学研究の成果に金字塔を打ち立てました。ニホンヤモリの研究で県知事賞を受賞した大久保さんは2年連続の快挙。「ニホンヤモリにとってのストレスの定義付けが難しかったが,受賞できてうれしい。」とコメントしていました。ハカラメの発芽のメカニズムを研究した県議会議長賞の服部さんは,「昨年度のリベンジが叶った。数値の矛盾の解消に悩んだが,成果が出せてよかった。」と語ってくれました。エチレンが引き起こす植物の利益・不利益を研究し,県教育長賞を受賞した山川さんは,「休校中の実験には苦労した。今後は抗菌作用のメカニズムも解明していきたい。」とさらなる意欲を燃やしていました。この後,科学研究部の3年次生と話したところ,いずれも「後期生になっても続けていきたい研究がある」と意欲あるコメントをしていました。主体的な態度は研究の基礎となる大切な資質です。これからも,自分のやりたい研究,関心の高い研究にどんどん取り組んでいってほしいと思います。受賞したみなさん,おめでとうございました!
 

10月23日 教育関係者向け授業公開を実施しました





10月23日(金),18日に続いて,並木中等の授業を公開しました。今回は,教育に携わっている方を対象に学校を開き,授業を参観していただきました。先生方は,公開された計15の授業を真剣な目で見,生徒や教師の言葉に耳を傾けていました。上の写真は国語の漢文の読み方について,5年次生が3年次生に教えるTO学習の様子。下の写真は4年次生の英語の授業です。どちらも,生徒が主体的に考え,表現することをねらったアクティブ・ラーニング。参観された先生方にとっても,並木中等の授業は参考になったことと思います。多くの先生方が,並木中等の生徒たちの姿に触れて,「参加してよかった」という感想をもたれていました。生徒たちの学びに向かう姿勢の素晴らしさを実感した一週間でした。
 

10月21日 火災を想定した避難訓練





10月21日(水),6校時に避難訓練を行いました。化学室から火災が発生したことを想定し,グラウンドに避難しました。感染症対策のため,学校長講評はグラウンドではなく,教室に戻って放送によって行いました。学校長からは,火災の際には,(1)カーテンを開けること,(2)窓を閉めること,(3)自分の命を守るためにも「ハンカチ」を携帯すること,についての話がありました。また,避難訓練の担当教員からは,消火器や救助袋の場所の在処について伝達しました。避難訓練は,“いざという時に動けるか”どうかが大切。定期的に訓練することで,万が一への意識と行動力を身につけることができます。今後もこうした訓練の機会を大切にしていきたいと思います。
 

10月18日 学校公開





10月18日(日),本年度の学校公開を行いました。例年は多くの方々にお越しいただくのですが,今回は小学校4,5年生を対象に,事前に申し込まれた方への公開となりました。最初は体育館で本校の特色や進路指導について説明し,本校のあらましを知っていただきました。その後は,授業公開ということで,1~5年次の授業を参観していただきました。また,学校の施設や掲示物等,並木中等の具体的な様子にも触れていただきました。多くの方から,「並木中等の様子を直接見ることができてよかった」という感想をいただき,短い時間でしたが,実りある公開日となりました。
 

10月16日 SSHつくば市との社会問題ミーティング





10月16(金),5,6時間目に本校で「SSHつくば市との社会問題ミーティング」を開催しました。3年次のミニ課題探究で「地域の社会問題を考える」をテーマにグループ探究をしているので,その一環として行いました。講師はつくば市役所政策イノベーション部部長の森祐介先生で,5時間目はつくば市の現在の課題や将来構想について講演をしていただきました。6時間目は地域の課題と解決策を考えるグループワークを行い,最後に森先生への質問タイムを実施しました。街灯の少なさや道路の舗装,学校給食についてなどたくさんの質問が出ましたが,森先生がつくば市の政策を分かりやすく説明して下さったので,地方行政と市民としてどのように自分たちのまちを幸せにしていけるかについて深く学び考える機会となりました。
 

10月14日 オンライン附属病院見学会





10月14日(水),筑波大学附属病院とオンラインで結び,「附属病院見学会」が行われました。水曜7時間目の「課題探究」の時間に,本校のゼミの中の一つである医学ゼミの生徒57名(3~5年次)が参加し,臨場感あふれる中で学習をしました。講師は,消化器内科,心臓血管外科,小児科の先生,それに,救急部から救急・集中治療科の先生に務めていただきました。医療現場の最前線の様子や最近の研究等について学ぶことのできた有意義な時間となったことが,生徒の感想からも分かります。
 

10月12日 1人1台の時代へ





10月12日(月),あるクラスの社会の授業をのぞいてみると,クラスの生徒全員がノートパソコンに向かっていました。これは,今年度後半から貸与されたChrome Bookというもので,最初に中等に送られてきた160台を,先行して前期生が使用しています。写真は,パソコンを使って教室で社会科の歴史新聞をまとめている風景。色やレイアウトを自在に工夫しながら,楽しい見出しの新聞を作成していました。このパソコンは,これまでのタブレットと違い,一台ずつ生徒に預けていて,持ち帰りもできます。今後,順次貸与され,ゆくゆくは一人一台ずつ持つことができる予定です。自分専用のパソコンによる新しい学習スタイルを早速自分のものにしている中等生です。
 

10月8日 主権者講話





10月8日(木)2時間目,6年次生向けに本校石本教諭による「主権者講話」が実施されました。18歳になると選挙権があるということで選挙にまつわるQ&Aに始まり,アメリカでの子どもたちに対する政治に関心をもたせるために実施している,環境や時事の問題を考えることで,「主権者とは何か」という本質的なことを話し合う時間となりました。生徒たちは,「主権者とは他人の意見に流されずに自分の意見を表明するだけでなく,考えて意見を表明することの大切さを伝えられる人のこと。」「主権者だからと言って,考えのない主張をして相手の意図を汲まずに非難だけをするのはいけない。自分も学ぶ努力をしていくべき。」など,選挙だけを意識するのではなく,日頃から問題意識をもち,どうしたらよいのかを建設的に考えることの大切さを実感する感想がみられました。
 

10月5日 ウォークラリー迫る!





10月5日(月),いよいよ今週末がウォークラリーというこの日,1年次生が2時間通しの校外歩行練習を実施しました。1年次生はこれまで1時間の練習は行ってきましたが,2時間通しというのは初めて。1時間では行けない所まで,当日と同じ重さを想定したリュックを背負って歩きました。かなり疲れたとは思いますが,みんなとても頑張って歩いていたとのこと。週末にこの練習の成果がいよいよ発揮されます。練習はもう少し続きます。どの年次にも頑張って踏破してほしいと思います。
 

10月2日 大学出前授業





10月2日(金),本校4,5年次生を対象に,大学出前授業が行われました。外国語学,宇宙工学,医学等,11分野の専門の先生による講義に参加できる貴重な機会です。担当の先生には,直接授業をしたり,ZOOMによるリアルタイム授業を展開したりと,様々な方法で生徒たちに関心の高い内容について分かりやすく講義をしていただきました。生徒たちも一生懸命メモをとり,真剣な態度で臨んでいました。お話の中には,自分の進路に関係のある内容もあったのではないでしょうか。今回の体験を,自身の進路選択にも生かしていってほしいと思います。
 

10月1日 つくば市新人戦






10月1日(木),つくば市の新人戦が各会場で行われ,卓球,バスケットボール,サッカー,野球,ハンドボールの各部が出場しました(バレーと剣道は2日から)。コロナ禍で十分な練習や試合ができない中,自分の今出せる力を最大限発揮しようと,一生懸命試合に向き合っていた姿が印象的でした。1,2年生が主体となってから初めての公式試合であるこの新人戦の経験を,これからの部活動に生かしていってほしいと思います。市の新人戦は10月3日まで続きます。
 

9月30日 前期終業式





9月30日(水),前期の終業式が行われました。式に先立って,前期に活躍した生徒への表彰式を行いました。コロナ禍で面と向かっての試合やコンクールができにくい中でも,多くの生徒が様々な分野で力を発揮しました。今回の表彰もその現れです。おめでとうございます。終業式では,学校長より,人とのコミュニケーションに大切なのは,「聞く」ではなく,「聴く」ことという話がありました。大切なのは,相手の話を聴こうとする気持ちであり,耳を傾けることのできる器の大きな人になってほしいと呼びかけました。それは,感染症が未だ収束せず,先の見通せない不安や不満が表出しかねない時期だからこそ,人に思いやりをもって接することが相手にパワーを与えることになるというメッセージでもありました。このメッセージを後期の学校生活に生かしていってほしいと思います。
 

9月25日 総合的な学習の時間を公開しました(前期課程)






9月25日(金),1~3年次の総合的な学習の時間を一斉公開し,茨城県の教育委員会の先生方に参観をしていただきました。1年次は30年後の未来について,SDGsとからめて哲学的に思考しました。2年次はオリンピック・パラリンピックを題材として,多文化共生について考える活動でした。そして3年次は,身近な地域の課題について考え,解決に向けての道筋を提案する授業を実践しました。どの年次,学級でも活発な意見交換がされており,協働的な学びの中から,自分の課題を解決していく活動がとてもしっかりできていると,参観された先生方からも中等生へのお褒めの言葉をいただきました。課題探究は,並木中等の探究活動の柱です。“ミニ課題探究”と称して,前期課程から実践しているこうした活動の積み重ねが,「自ら問いを立て,思考し,実行していく」生徒の育成につながっていくと考えています。

 

9月24日 SSHコミュニケーション技術講座





9月24日(木),SSHコミュニケーション技術講座「心を自由にする演技レッスン~楽しくアドリブ力を鍛えよう~」が行われました。講師は1年次対象のコミュニケーションスキルトレーニングでもお世話になった,桒田由季子さんにお願いしました。講座の目的は演技レッスンを通して『「自分」の枠を広げること』。「メロディー・エチュード・レッスン」では,音楽に合わせて「なりたい自分」を意識して即興演劇をみんなで行いました。「声優になろうゲーム」では,カードに「性格」,「目的」,「人物」を書き込み,無作為に選んだカードを組み合わせて,架空の人物になりきって即興演劇を行いました。演技を通して,「なりたい自分」を意識してみんなで思いっきり自己解放しました。楽しく自由な時間になりました。

 

9月19日 SSHサイエンスカフェ(アンドロイド)





9月19日(土),SSHサイエンスカフェ(第3回)「私たちはアンドロイドロボットとトモダチになれるのか?!」が行われました。講師は東京理科大学でアンドロイドロボットの感情制御ついて研究されている橋本卓弥先生にお願いしました。今回は東京の橋本先生と並木中等教育学校と参加生徒の自宅をZoomでつないだオンラインサイエンスカフェとして実施しました。前半は橋本先生から「アンドロイドロボットは現在どんなことができるのか」,「アンドロイドロボットとAIとの関係」等についてお話を聞きました。後半は質問コーナーとして,アンドロイドロボットの疑問を橋本先生にどんどん質問して盛り上がりました。人間とアンドロイドロボットが感情を共有しトモダチになれるのは技術的にまだまだ先のようですが,未来の世界を想像することができる夢のあるお話でとても楽しい時間となりました。

 

9月19日 囲碁大会で快挙





9月19日(土),茨城県高等学校総合文化祭「囲碁大会」が,水戸一高で開催されました。並木中等からは7名が出場し,いずれも予選リーグ,順位決定リーグとそれぞれの力を発揮して臨むことができました。中でも,5年次生の青柳さんは,予選リーグから7連勝で優勝を飾り,千葉市で開催予定の関東地区高等学校囲碁選手権の出場権を獲得,大きな飛躍を遂げました。青柳さんは昨年度に続き2度目の優勝。10月に行われる県大会に向けてなお一層の精進を重ねていく決意を新たにしています。囲碁将棋部のみなさんの今後の活躍に期待です!
    *下の写真は,昨年度のかえで祭で対局中の青柳さん(左)のようすです。
 

9月18日 スポーツデイその2






9月18日(金),スポーツデイが無事閉幕しました。この日は天気にも恵まれ,5,6年次生のリレーから各年次ごとの種目,そして,リレーの決勝と,すべてのプログラムを行うことができました。どの年次もさわやかな汗をかき,楽しく,そして真剣にスポーツと向き合っていました。最後には5年次生の代表から6年次生にニュージーランドの民族舞踊である「ハカ」を取り入れた熱いエールが送られ,6年次生もそれに応える一幕もあって,並木中等が一つになってそれを見守っていました。この日を通して見られた,団結力・協力の精神・応援,そして結果に泣いたり,笑ったりする姿に触れると,やはり“行事は生徒を大きく成長させる”ということを実感します。生徒たちの頼もしくも素直な表情が印象的なスポーツデイでした。
 

9月11日 スポーツデイその1(1~4年次の1100mリレー編)






9月11日のスポーツデイは,開会式から1~4年次の1100mリレーを終えた時点で,降雨のため,18日への延期を決定しました。学校長からの激励のことばや,5年次生代表による選手宣誓,その後の準備体操を経て,リレーがスタートしました。1,2年次生の部,3,4年次生の部に分かれて競ったリレーは,どの試合も白熱したもので,応援する生徒たちも目の前の光景に釘付けでした。延期となった18日は,5・6年次生のリレーからスタートし,各年次の種目も行われる予定です。
 

9月9日 スポーツデイ間近!





9月9日(水),スポーツデイの練習が白熱する中,今回は2年次生の練習風景を見せてもらいました。体育館では,1年次生も練習していた「8の字跳び」が行われていましたが,さすが昨年度経験しているだけあって,元気よくかけ声をかけながら,かなり早いペースで跳んでいました。また,グラウンドではリレーの選手たちがバトンパスの練習をしており,タイミングを合わせることに余念がありませんでした。1年次生もきっとこうした先輩たちの姿を見て,追いつけ追い越せの気持ちで練習に励んでいくのだと思います。スポーツデイが切磋琢磨の精神で行われ,思い出深い行事になりますように。
 

9月8日 SSH哲学カフェ





9月8日(火),「SSH哲学カフェ(第1回)とっても自由な対話の時間」が行われました。ファシリテーターは本校国語科の津田美也子教諭が務めました。「オープンスペーステクノロジー」とよばれるファシリテーションの手法を用いて,小グループに分かれて自分の深堀りしたいテーマ(「本当の自分とは何か?」,「何のために人は生きるのか?」など)を哲学的に対話しました。1年次生から5年次生までの希望者が集まり,自分の考えを本音で語り合う中で,スッキリやモヤモヤを繰り返しながら,正解のない問いにみんなで向き合いました。あっという間に2時間が過ぎてしまう,楽しい対話の時間になりました。
 

9月7日 入賞チームにインタビュー(文芸部編)





8月に行われた「第10回牧水・短歌甲子園」で,本校の文芸部が入賞を果たしました。これは宮崎県で行われている全国大会で,予選で35チームが応募し,本戦に出場した12チームの中から3位入賞を果たしたのが,並木中等チームでした。上の画像は,入賞チーム3人の「自由題」の歌です。3人からは,「個人で歌をつくりながらも,互いに詠み合い,話し合ってよりよい歌を完成させることができた」というコメントがありました。今回の入賞は,個人のセンスとチームの協力あって成し遂げられた成果と言ってよいでしょう。チームの一員で5年次生の赤津さんの歌には,「俵万智賞」が贈られ,直筆のコメントも添えられていました。文芸部のみなさん,おめでとうございます!
 

9月5日 SSHサイエンスカフェ第2回





9月5日(土),SSHサイエンスカフェ(第2回)「AIをもっと知りたい!」が行われました。講師は株式会社エイシング代表取締役CEOでAIアルゴリズムの開発を行っている出澤純一先生です。今回は東京の出澤先生と並木中等,そして参加生徒の自宅をZoomでつないだオンラインで実施しました。前半は出澤先生から「AIとは何か(機械学習とディープラーニングの違い)」,「現在のAIには何ができるのか」,「10年後にAIは何ができるようになるのか」,「出澤先生の会社でのAI活用(エッジAIの技術)」について話を聞きました。後半は質問コーナーとし,AIの疑問を出澤先生にどんどん質問して盛り上がりました。ちょっと難しいAIの話をとても分かりやすく説明していただき,AIについてもっと知りたくなる楽しい講座になりました。
 

9月4日 スポーツデイに向けて





9月4日(金),定期テストが終わり,並木中等では翌週に開催されるスポーツデイに向けての準備が少しずつ始まっています。写真は,初めてのスポーツデイとなる1年次生の練習風景。「8の字跳び」を各クラスごとに練習していました。かけ声をかけ,タイミングを合わせながら一生懸命跳んでいる姿からは,「頑張るぞ!」という強い決意が感じられました。今年度のスポーツデイは,感染症対策に心がけながら,11日(金)に開催されます(予備日は18日)。クラスマッチ形式で行う校内行事ですので,保護者の方の参観はできません。ご了承ください。
 

8月30日 金賞!県学校吹奏楽コンテスト2020





8月30日(日),水戸市にて「2020茨城県学校吹奏楽コンテスト」が開催され,本校吹奏学部が金賞(1位)を獲得しました。今年度は,吹奏楽連盟主催のコンクールが中止となり,このコンテストはそれに代わる大会として企画されたものでした。感染症対策を十分にとりながら,吹奏学部は上の写真のように日々練習に励みました。時にはプロの演奏と聞き比べて協議したり,オリジナルの練習表を作成したりする等,工夫を加えて精力的に練習し,コンテストに臨みました。その成果が結果にも表れたものと思います。「大会開催に尽力された関係者の方々やご協力いただいた保護者の皆様等,多くの方への感謝と,演奏できる喜びを実感した大会でした。」とこれは顧問の弁。8月を締めくくるにふさわしい快挙の報となりました。
 

8月24日 SSH成果報告会





8月24日(月),国際会議場にて6年次生の課題探究の成果報告会が行われました。感染症を考慮して今日まで日延べをしてきましたので,本校にとっては念願の実施でした。本番では,ステージ発表・ポスター発表ともに,中等生の探究力と表現力が十分に発揮された素晴らしい発表会となりました。「自分の思いを作品にする」「自分の思いを分かりやすく伝える」,これらは将来に生きる大切なスキルです。こうした機会を大切にできる中等生の精神は,真剣に,そして意欲的に発表を聴いた4,5年生にもしっかりと受け継がれたはずです。後期生のみなさん,おつかれさまでした。
 

8月19日 コミュニケーションスキルトレーニング





8月19日(水),1年次生を対象に「コミュニケーションスキルトレーニング」を実施しました(18日,21日に2クラスずつ実施)。今年度は,司会者をはじめ数々の経歴をもつ桑田由季子先生をお迎えしました。講座は,心地よい人間関係の構築をテーマに,講話と対話的活動にロールプレイを織り交ぜながら進められ,はじめは緊張していた1年次生も徐々にリラックスして活動できました。自分と違う意見の受け入れ方や,協議を通して一つのことを決することの難しさを実感しながら,自分にも相手にもきちんと向き合っていくことの大切さを学んだ有意義な時間となりました。
 

8月8日 学校説明会





8月8日(土),ノバホールにて学校説明会を開催しました。今回は午前・午後ともに例年の半分の人数で参加者を募り,感染症への取り組みを最大限させていただく中での実施となりました。説明会では,本校の特色や重点的取り組みについて具体的に話をさせていただきましたが,参加者の皆さんが真剣に耳を傾けてくださっている姿が印象的でした。並木中等の魅力の一端を伝えることができたのではないかと思っています。本校のHPでは,「小学生の皆さんへ」の項目の中に,学校説明の動画を掲載しています。今回の説明会の内容に関する動画もたくさんありますので,そちらもぜひご覧ください。
 

8月6日 SSH講座第2回 おもしろ化学実験室






8月6日(木),SSH講座第2回として,「おもしろ化学実験室」が行われました。3つのプログラムはそれぞれ,「沈まない!浮遊するシャボン玉」「あら不思議!色が変わる不思議な溶液」「クリスマスツリーに本物の雪を降らせよう!」と,生徒たちがワクワクするようなものばかり。この講座は1年次生から受講できるのが魅力で,化学室には1年次生の姿も目立ちました。目の前で起こる不思議な現象に,実験に向かう姿勢も本当にアクティブ!実験後は,どうしてこうなるのかという理由が説明され,これらの現象すべてに化学の理論が当てはまることを学びました。面白さの中に化学のしくみが詰まった本当に楽しい講座でした。
 

8月5日 課題探究4年次生本格参加!





8月5日(水),4年次生が正式に自分の所属するゼミを確定し,新たな課題探究がスタートしました。ミニ課題探究を3年間にわたって実践してきた4年次生にとって,1つのテーマにおよそ2年の時間をかけてじっくりと追究していくこの課題探究は,調査力と表現力の育成にきっと役に立つ活動になると思います。探究の過程で壁にぶつかる時もあるかとは思いますが,担当の先生や先輩からのアドバイスを生かして,「これだ!」というテーマを決めていってほしいと思います。
 

7月30日 今週は保護者面談期間でした





7月27日(月)から3日間は,保護者面談期間でした。保護者の皆様には,大変お世話になりました。廊下には,保護者の皆様をお迎えするための準備を整え,消毒液の配置やソーシャルディスタンスを保っての面談場所の設定を通した感染症対策やサーキュレーター設置等の換気・暑さ対策もできる限りさせていただきました。短い時間ではありましたが,休校であった時期も含めて,お子さまの成長と努力の様子を共有させていただきました。このことを,今後の年次・学級経営に生かしてまいります。お世話になりました。
 

7月24日 3年次生の勇姿






7月23日(木)からの4連休,3年次にとっては部活動前期のしめくくりとなる交流戦がつくば市の各会場で行われました。新型コロナウイルス感染症対策のため,実施できなかった総合体育大会にかわる試合です。各会場では3年次生を中心として,前期課程の生徒が熱戦を繰り広げていました。上へ進む大会ではありませんが,それを言い訳にせず,必死で相手に向き合う姿は,とても凜々しく,感動的でした。バトンを引き継いだ1,2年次生にとっても,そんな先輩の背中はきっとよい影響を与えていると思います。3年次生のみなさん,本当におつかれさまでした!(野球は,雨天が続いたため,8月に延期となっています。)
 

7月22日 夏季休業を前に






7月22日(水),7月中は最後の登校日となるこの日,配信による全校集会が行われました。集会に先立って,新生徒会役員の任命式と,総文祭やコンテスト等,全国大会への出場を決めた生徒たちの表彰式・壮行会を実施し,集会では,学校生活部長,そして学校長講話というプログラムでした。学校生活部長からは,夏休みの健康・安全面に対する具体的な留意事項についての話が中心でした。学校長は「魔法のことば」と題して,人を喜ばせたり楽しませたりする言葉や元気な挨拶を交わすことの大切さを伝えました。心身共に健全に過ごしていくためには,自身の意識と他者の思いやりが必要です。この夏は生徒たちに,この日の話を忘れずに生活していってほしいと思います。


 

7月21日 今年度最初のSSHサイエンスカフェ





7月21日(火),待望のSSHサイエンスカフェが開かれ,多くの生徒が参加しました。1年次生の姿が多く見られたのも,サイエンスカフェが幅広い層に楽しみにされていた証です。第1回のテーマは「新型コロナウイルスとは何か!」。ウイルスの特徴を知り,湧き出た疑問を解決する中から,自分の「問い」を設定し,ディスカッションしていくという展開でした。講師として生物のゲノム解析の研究者である中嶋信美先生をお迎えし,和やかで活発な雰囲気の中でのサイエンスカフェとなりました。SSH指定校ならではのイベントは今後もどんどん企画されていきます!
 

7月16日 今,中等は教育相談期間

7月16日(木),放課後に廊下を見てみると,上の写真のように教室前で生徒が待機している姿がありました。



       *面談開始前に,本人の了解を得て撮影しています。

7月16日(木),放課後に廊下を見てみると,上の写真のように教室前で生徒が待機している姿がありました。また,教室内では担任と生徒がソーシャルディスタンスを維持して対面する光景が。それは,今週が生徒と担任が面談する「教育相談期間」であるからです。今年度は,本格的な学校再開が6月からでしたので,担任とゆっくり話す機会も少なかったことと思います。今回の面談は,悩みや迷いはもちろん,今の生徒の率直な思いや感じていることに少しでも寄り添いたい気持ちで実施しています。面談期間は来週の20日(月)まで続きます。
 

7月8日 生徒会立会演説会





7月8日(水),新年度の生徒会役員を決めるための立会演説会が行われました。会場は総合実践室。今回は2年次生が実践室に入り,その他の年次は配信による視聴となりました。はじめに,副校長先生が「コロナ渦の今だからこそ,中等のため,生徒たちのためになる選挙を」と呼びかけ,その後に各応援者と立候補者による演説と進んでいきました。中等の立候補者は誰もが自分の思いを,分かりやすく工夫して話しており,いずれも中等をよりよくしていこうとする気概と熱意を感じることができました。間もなく,新しい生徒会役員の誕生です!
 

7月7日 SSH講演会





7月7日(火),毎年恒例のSSH講演会が行われました。国立研究開発法人物質・材料研究機構の小林隆司先生をお迎えして,先生のNHK勤務当時の番組づくりを基に,課題探究のポイントを具体的に分かりやすくお話ししてくださいました。インプット時は「受動的に貪欲に学ぶことから始めて,最後は能動的に追究すること」の大切さを,アウトプット時は,「“論理的”よりも,“視聴する人の気持ちの流れ”に沿った表現」の大切さを教えてくださったことは,生徒たちの探究活動に大いに参考になったことと思います。印象的だったのは,勉学という枠を超えて,人としての探究力を常に大切にされていたということ。結果よりも過程からどう学ぶかを意識することで,人生を豊かにする術の一端を教えていただいたような気がします。「グローバルリーダー」「トップラーナー」をめざす中等生にとって大変有意義な講演会でした。
 

7月3日 3年次総合的な学習の時間オリエンテーション





7月3日(金),3年次が総合的な学習の時間のオリエンテーションを行いました。この日は2本立てで,一つ目は総合実践室に集まっての「広島・京都平和研修」についてのテーマ発表。生徒が主体となって準備し,進行していました。二つ目はミニ課題探究Ⅲのガイダンスとつくば市について調べる活動でした。後期課程の課題探究の前段階として,前期課程でも多彩な探究活動が行われます。今年度の各生徒たちの探究の成果が楽しみです。
 

6月30日 定期テストⅡが始まりました





6月30日(火),定期テストⅡが行われています。後期生は2日目,前期生は1日目となります。今日は,今年度初めての全年次一斉に実施されるテストとなります。どの年次もテストという響きを強く意識しており,朝から最後の復習・追い込みに余念がありません。写真のように提出物もしっかり出しています。実際に始まれば,その真剣な後ろ姿からも,一生懸命取り組もうとする強い意志が感じられます。定期テストⅡは明日まで続きます。頑張れ!中等生!
 

6月23日 1年次交通安全教室





6月23日(火),交通安全教室が1年次生を対象に総合実践室で行われました。例年は,つくば警察署の交通課の方をお招きしての講話がプログラムの中に入っていますが,今年度は新型コロナウイルス感染症予防のため,本校の生徒指導部長による講話となりました。生徒指導部長は,毎朝歩道に立ち,生徒たちへの挨拶と交通安全への呼びかけを行っています。実際の目で見た生徒の様子から,よかった点と気をつけるべき点が具体的に話され,その思いは1年次生たちにもきっと響いたことでしょう。交通ルール・マナーをよく守り,これからも安全な登下校を心がけてほしいと思います。
 

6月22日 1年次生が正式入部!





6月22日(月),今週は先週金曜日に正式入部した1年次生を迎え,本格的に全年次による部活動が始まります。金曜日の初顔合わせでは,運動部・文化部ともに自己紹介をする等して1年次生を歓迎しました。どこの部でも,やはり全年次が集まっての活動は,活気がみなぎり,勢いを感じます。先輩は後輩を牽引し,後輩は先輩を支えて,よい雰囲気の中で活動できる部をつくっていってほしいと思います。
 

6月19日 クラス・個人写真撮影





6月19日(金),今日は4年次生のクラス写真・個人写真撮影の日でした。先週からこうした活動も少しずつできるようになってきています。短い時間ですが,マスクを外し,ちょっぴり恥ずかしがりながらもファインダーに収まる生徒たちの表情は,みんな凜々しく素敵な表情になっていることと思います。個人とは別に撮影したクラスごとの集合写真は後日,各年次・クラスに配付されます。お楽しみに!
 

6月17日 昇降口のモニターに





6月17日(水),部活動見学は昨日で終わりましたが,正式入部に向けて少しでも多くの情報を1年次生に提供しようと,各部活動で動画を撮影し,公開しています。最初の公開は先週の金曜日だったのですが,何回か見ることで部活動の新たな魅力に触れられるかも知れません。ということで,生徒会が運営する昇降口のモニターに,その時の動画を改めて流し,多くの生徒の目にとまるようにしています。正式入部日はもうすぐそこです。生徒会のみなさんも動画撮影に協力してくれた先輩たちも,みんなが1年生の入部を待っています。
 

6月16日 常置委員会発足





6月16日(火),放課後に常置委員会があり,全校生徒がそれぞれ所属する委員会ごとに集合し,組織作りや今年度の活動方針・内容について確認しました。本来は4月早々に集まる委員会ですが,今年度は2か月が経過してようやく実現しました。上の写真は「出版委員会」で,校内に掲示する「楓林」という壁新聞を作成します。下の写真は「情報委員会」担当の先生が自己紹介や活動内容について連絡している場面です。どの委員会も学校を支える大切な役割を担っています。学校が本格的に始動してきていることを感じます。
 

6月15日 部活動見学その3







6月15日(月),部活動見学も今週は17:30まで行われます。部活動と言えば,文化部も1年次生にとっては気になるところ。並木中等には多種多様な文化部・同好会があるからです。ですから,毎日,多くの生徒たちが校舎内でも活発に部活動見学が行われています。楽器を演奏させてもらったり,先輩たちが製作した作品を鑑賞したり,実験に参加させてもらったり…。1年次生の興味津々という表情がとても印象的です。1年次生には,続けていける部活動を“自分の意志”で決めて,中等生活をより充実したものにしてほしいと願っています。
 

6月12日 3週間の教育実習終了





6月12日(金),3週間にわたる教育実習が終了しました。写真は,研究授業という,実習生が実習の締めくくりとして行う授業の様子です。今年度の実習生は,1週目はオンライン授業,2週目は分散登校,3週目は本格登校と,一週ごとにちがう状況の並木中等を見てきました。各週ごとに異なる対応に迫られながらの実習は大変だったと思いますが,やる気あふれる実習生は,中等生の前向きな態度にも後押しされて,3週間を有意義なものとするため努力してきました。実習生には,ここでの経験を,これからの進路に生かしていってほしいと思います。
 

6月11日 部活動見学その2






6月11日(木),体育館では,バスケ部・バレー部が活動しています。体育館はどんな様子なのかと緊張しながらのぞき込む1年次生を優しく・明るくエスコートして参加させている先輩生徒たちの姿がとても頼もしいです。体育館下では,卓球部や剣道部が活動中。練習に加えて勧誘も行っていました。水泳部は今週からもうプールに入っています。見学のみとはなりますが,関心をもって先輩から話を聞いている1年生もいました。短い時間の中で,「どれにしようか」「どこに行こうか」と見て回る姿はとても微笑ましいです。次回は,文化部の活動の様子をご紹介します。
 

6月10日 課題探究スタート





6月10日(水),後期生による「課題探究」が始まりました。今回は第1回目ということで,5年次生が正式テーマ決定報告書に基づいて研究の概要を発表しているところを,本格的なゼミ参加スタートとなる4年次生が,ゼミを見学する“ゼミツアー”を行いました。4年次生は,3回実施予定のゼミツアーを参考にして,自身が所属するゼミを最終決定する流れになっています。課題探究は,並木中等の探究活動のメインとなるカリキュラムです。4年次生には3年間の活動を充実したものにしてほしいと思います。
 

6月9日 部活動見学その1






6月9日(火),今週2日目となる部活動見学に,今日も多くの1年次生が参加しました。写真はグランドやテニスコート等,屋外で活動する部の様子の一コマです。先輩たちもWELCOMEの体制で1年生を迎え,先輩たちと同じ練習メニューの仲間に加えたり,特別なコーナーを設けて体験してもらったりする等,様々な活動を工夫して取り入れていたのが印象的でした。その2では,別な会場・場所で見学している1年次生と先輩たちの様子をご紹介します。
 

6月8日 学校再開初日





6月8日(月),およそ3か月ぶりに学校が本格的に再開しました。いつもの光景であるはずの多くの生徒が学校にいる一コマも,今はまだ非日常的に感じてしまうから不思議です。そんな学校生活をより安全に,より前向きにスタートさせてほしいという願いを込めて,学活(LHR)前に,学校長による講話の時間を設定しました。教室(写真は4年次生)で視聴するライブ配信です。その後,各クラスで,担任や教員からの話へと移りました。今日からまた,新しい並木中等の日常が築かれようとしています。
 

6月5日 東大希望者集会





6月5日(金),6年次による第1回東京大学志望者集会が開催され,多くの志望者が6年A組の教室に集まりました。学校長からの激励のことばや進路指導部長講話,各教科や年次主任からのアドバイスを中心に,これまでの傾向をふまえた今後の対策や心がまえについて具体的な話が出され,参加した生徒たちにも大いに参考になったと思います。学校の本格的再開を前に,各年次や個人に応じた自分の目標をもって学習や生活に臨むことはとても大切なことです。参加者の真剣な表情を見て,その重要性を改めて実感しました。
 

6月4日 中等に電子顕微鏡が来た!






6月4日(木),生物準備室におじゃますると,何やら巨大なサーバー機のようなものが!これは,2日(火)から中等に貸し出された「電子顕微鏡」です。理科教育の支援活動を行っている株式会社日立ハイテク様より借りることができました。たいへん有り難いことです。昨年度末は,試験的に2週間お借りして多くの興味深い画像を撮影することができました。今回見せていただいた下の4分割の画像を見ても,ししとうの花粉(右上),綿毛(左下),ろ紙(右下)が細かい部分まで緻密に描き出されている等,素晴らしい技術が取り入れられています。今回の借用期間は2ヶ月。この間,授業や科学研究部の活動等で使用させていただく予定です。
 

6月3日 今週は分散登校日





6月1日(月)~5日(金)の週は,各年次で2日程度の分散登校を行っています。教室では密接を避け,20人での生活です。半日だけの短い時間ではありますが,久しぶりの授業,そして仲間の生活を心待ちにしていた生徒も多かったはずです。また,並木中等では,先週から教育実習生が来ています。下の写真は実習生の授業の様子で,一生懸命授業をし,生徒とかかわってくれています。来週からの本格的な学校再開を前に,少しずついつもの並木中等の雰囲気が戻ってきているのを感じます。
 

5月26日 1年次ライブ自己紹介





5月26日(火),この日は,1年次と4年次の登校日でした。入学以来3日目となる1年次生がこの日行っていたのは,ひと味ちがった自己紹介。紹介者が別室で話している様子を,聞き手が自分のクラスで聞くというもの。ライブ中継ですから,その人の表情や声も分かります。しかも,限られた時間の中で,一人一人の特徴が確実に伝えられるよう,“4つのキーワード”を事前に考え,それを基にした自己紹介でした。本当に工夫されていると思います。6年間を共に過ごす仲間との第一歩を,1年次生はこうして踏み出しました。
 

5月22日 これは何の授業でしょう?





5月22日(金),この日は5,6年次の分散登校日でした。その中行われていた写真の授業,正解は「2年次生の道徳」です。課題の提示や発問を工夫しながら,どのクラスも同時間に授業を行っていました。下の写真のように教室には課題が提示されているのみで生徒はいません。しかし,上の写真のように2年次生が全員WEB上で集まり,チャット機能で発言しながら展開していくことで,この授業が可能となりました。同じ題材でもクラスによって発問や資料の提示の仕方に変化があり,大変興味深い授業展開でした。インターネットでできることを生かして,心を育てる道徳の授業,並木中等では,こうした一つ一つの新しい試みが各年次で実践されています。

 

5月19日 下校後のアフターケア





5月19日(火),年次別の分散登校日も2日目を迎えました。他年次の教室も借りて空間を密にしないよう配慮した上で,課題回収やテストを実施しています。こんな時に大切なのは,教室等を使用した後のこと。使用したら,写真のように消毒・清掃を徹底しています。生徒たちが安心して生活できる環境を整えてこそ,分散登校本来の目的が果たせるというもの。並木中等では,一人一人の心がけの重要性を伝え続けていくと共に,こうしたアフターケアの活動を率先・協力して行える雰囲気を,これからも大切にしていきたいと思います。
 

5月18日 後期生登校日





5月18日(月),今日は後期生の登校日でした。今回は,その中から4年次生の様子をご紹介します。後期生にとっても,本日の登校日は本年度に入って2度目。始業式に配付した書類や休校中の各教科の課題も今回はじめて提出することになります。そこで,4年次の先生方は,昇降口に書類・課題提出コーナーを設置し,確実に提出・回収できるように工夫していました。教室に入るとそれぞれがソーシャルディスタンスを保った状態でテストを受ける準備を素早く進めていた4年次生。時間までに整列・着席したその後ろ姿からは,後期生となった風格が感じられました。
 

5月15日 3年次 クラスごとの朝の会






5月15日(金),今週から始まった3年次のWEBでの朝の会が,各クラスごとに行われています。8:10は本来なら「朝読書」の時間。少しずつ担任・副担任の先生のもとにアクセスしてきた生徒たちは,みんなそれぞれに元気そうでした。また,先生からの声かけや連絡事項の伝達に真剣に応える姿も大変立派でした。いよいよ前期の最終学年を迎え,充実期のスタートを切った3年次生には,この困難な時期を乗り越え,学校での生活が再開した時,ここまで蓄えてきたエネルギーを存分に発揮して,前期生をリードしながら頑張っていってほしいと思います。
 

5月14日 1年次登校日その4





5月14日(木),本日で1クラスずつの1年次生5月の登校日が終了しました。入学式以来の登校であったにもかかわらず,貴重な3時間を有意義なものにしようと,学習の進め方や生活についての話に一生懸命耳を傾けていた1年次生の姿が印象的でした。それは,13回生が,「早く並木中等での生活を本格的に始めたい!」と望む気持ちの表れではないかと感じています。5月末まで休校の状態が続きますが,1年次生には,この登校日で学んだこと,感じたことを生かして,引き続き家庭での学習を進めていってほしいと思います。
 

5月13日 1年次登校日その3





5月13日(水),1年次の登校も3日目となりました。今の時期は,衛生面・環境整備が大切!並木中等では,目立つ箇所も目立たない箇所も,考えられる限りの対策に努めています。上の写真は,昇降口での健康観察。「健康状態はどうですか?」の声かけに加え,手洗い,消毒を徹底して行ってもらっています。また,下の写真は駐輪場の様子。生徒が登校してくる前に,年次職員が毎日掃き掃除をして生徒たちを迎えています。今日も明るい挨拶が交わされた並木中等でした。
 

5月12日 1年次登校日その2





5月12日(火),本日は1年次登校日2日目。昨日とは別なクラスの生徒たちが元気に登校してきました。朝,並木中等では,学校長をはじめ,多くの先生方で生徒たちを迎えています。「おはようございます」の元気な挨拶と,しっかりと頭を下げる礼儀正しさからは,“さすが並木中等生!”という自覚と誇りを感じ取ることができます。こうした朝の光景一つを取っても,生徒の姿が学校で見られることの喜びをひしひしと感じています。
 

5月11日 1年次登校日その1





5月11日(月),今週は1年次生が各クラスごとに登校する時間を設定しています。登校した1クラスを,写真のように13~4名ずつ3クラスに分散して着席させています。消毒・換気を行い,ソーシャルディスタンスを最大限に保っての学校生活。1年次生にとってはこれが入学式以来2日目となります。1か月ぶりの並木中等,まだ慣れない並木中等だとは思いますが,来たるべき登校再開日に向けて,こうした登校日の短い時間も大切にしていきたいと思います。
 

5月8日 6年次SHRの撮影風景





5月8日(金),6年次SHRの撮影場所を覗いてみました。6年次では,年次の枠を超えて多くの先生方にWEB配信によるSHRに出席してもらい,一日の時間割や生徒たちへのメッセージを伝えています。主任曰く,「すでにかなりの先生方に参加してもらいました。連絡やメッセージだけでなく,中等の知られざる場所を学校探検のように紹介することもしています。」とのこと。たくさんの人とのかかわりを実感することで,最高年次のスタートを少しでも明るく進ませていきたいという温かい思いを感じる取り組みです。
 

5月1日 茨城新聞社から取材を受けました。

並木中等では,インターネットを駆使して教育活動の場を提供しています。特別な機械があるわけではなく,教職員のアイデアと身のまわりの普通の器具を用います。
 若手教員からベテラン教員まで,みんなYouTuber!(になってしまいました・・)
 

4月30日 2年次のWEB朝の会





4月30日(木),2年次においてWEBを活用した「朝の会」が試験的にスタートしました。試験日初日にもかかわらず多くの生徒が参加し,参加者が一つのモニターに映る様子はなかなか壮観でした。主任からは,生徒たちの元気な様子を見ることができてうれしかったこと,家庭での学習を計画的に進めていくこと等の話がありました。2年次のWEBによる朝の会は,あと数回の試験運用を行い,本格的開始はGW明けの予定です。
 

4月24日 オンライン進路講演会その2





4月22日(水)に実施された進路講演会では,浪人生活を経て大学進学を果たした2人の卒業生に来ていただきました。並木中等在学中と浪人時代の生活を振り返り,努力したことに加えて反省点についても赤裸々に語ってくれた先輩たちからは,「小さくても目標を決めること」「ルーティンを大切にすること」「志望校に足を運んでみること」等の具体的なアドバイスを聴くことができました。講演中はチャット機能を使って,卒業生からの投げかけに応えたり,卒業生に質問をしたりする活動を行うことができ,まさにライブであることを実感できる講演会となりました。
 

4月23日 オンライン進路講演会その1





4月22日(水),5年次による進路講演会が,休校中ですがオンラインによる会として開催されました。5年次の講演会担当の先生方がICTに関する技術を駆使し,通話やチャット機能を備えたツールを使用することによって,卒業生を迎えたライブ講演会が可能となったのです。以前お伝えした授業の動画配信をはじめ,できることを実行してみることで,この時期を乗り越えていこうとする思いが強い並木中等です。講演会の内容については,その2でお伝えします。
 

4月17日 できることから





4月17日(金),今週の職員室では,お昼に清掃の時間を取り入れています。職員室やろう下,スタディースペース等の清掃・換気を職員が行い,いつ学校が始まってもよいようにと,身近なところから環境美化に努めています。普段は,「やらなければならないこと」がどうしても目立ちますが,こうした時期だからこそ,「やった方がよりよくなること」に取り組んでみると,空気だけでなく,気分も清々しくなることを感じます。
 

4月15日 カメラの向こう側の生徒たちに向けて





4月15日(水),上の写真は,総合実践室の中心部です。いつもとは違う感じを受けるのも当然。仕切り板で実践室を左右2部屋に分けていて,ここは,その間の通路部分になっているからです。部屋の中では休校中に少しでも多くの授業を生徒に届けようと,配信するための動画を撮影しています。生徒のいない学校はさびしいですが,カメラの向こう側の生徒たちの反応を想像しながら教材研究を行い,授業を組み立てています。
 

4月7日 第13回入学式挙行





4月7日(火),13回生の入学式が行われ,新入生160名が中等生の仲間入りをしました。呼名されるとすっと立ち上がり,堂々と起立する姿が,晴れがましくも初々しかったです。並木中等は,明日から5月6日まで休校となります。1年次生には,本日の入学式で感じたこと,決意したことを,文字通り”初心”として,休校明けからの生活に生かしてもらいたいと思います。
       
 

4月6日 令和2年度スタート!




4月6日(月),いよいよ令和2年度が始まりました。本日は新任式・始業式ということで,新しいクラスや担任の先生,年次スタッフ等が発表されました。式は,新型コロナウイルス感染症対策のため,ライブ配信によって実施しました。中等生活の様々な一コマを今年度も随時お伝えしていきます。ご期待ください!
 

3月27日 令和元年度並木ブログ

3月27日 令和元年度並木ブログ 1年間,本校の何気ない日常を切り取り,発信してきました。「並木中等」の教育活動が保護者や一般の方にお伝えできるように作成してきました。ブログ担当(自称:並木ブロガー)の教科,部活動に少し(?)偏りがちでしたが,いかがだったでしょうか。毎日チェックしてくれる生徒もいて,やり甲斐がありました。どうもありがとうございました。(写真は新年次を受け入れるための準備が整った教室です。)
 令和2年度並木ブログもぜひご期待ください。
 

3月26日 日常の幸せ

3月26日 3日間続いた春課外も終了いたしました。学校に生徒たちの元気な声が聞こえる日常が当たり前であると思っていましたが,その「日常」が幸せであり,尊いものなのだと,休校を経験して,感じました。五輪延期など閉塞感を感じる今,困難を乗り越え,日本の未来を支えていく生徒たちの教育にさらに力を注がないとと思うブログ担当でした。
 

3月25日 入学者説明会

3月25日 入学者説明会が実施されました。コロナ感染症対策として,空間を広くとるために,会場が実践室から体育館へ変更となりました。さらに,座席の間隔をあけ,換気のため,窓を開けました。
 入学者の聞く姿勢が素晴らしく,素晴らしい生徒たちが本校に入学してくると思いました。4月が楽しみです。
 

3月24日 ハクモクレン

3月24日 学校前のハクモクレン(白木蓮)がきれいな白い花を咲かせています。花は上向きに咲いています。花が美しく咲くのも数日です。においも良いので,咲いている間に楽しみたいものです。
 

3月23日 桜が咲きました

3月23日 昇降口前のしだれ桜が咲きました。終業式後の3連休のあたたかさで一気に花が咲きました。入学式までずっと咲き続けてほしいと思うブログ担当でした。
 

3月19日 ライブ中継の終業式・修了式



3月19日 本日,終業式と3年次の修了式が行われました。休校になってから,久しぶりにクラスに入った子ども達はさまざまな話で盛り上がっており,とても楽しそうでした。終業式や修了式は,ライブ中継で行われました。
 コロナ感染症対策で,家庭にいる時間が増えたと思います。普段できないことにチャレンジする春休みにしてほしいと思っております。
 

3月18日 Z会アドバンスト分析会

3月18日 昨日,Z会の木村さんをお招きして,学習進路部主催のZ会アドバンスト模試分析会を行いました。1年次から3年次生が1月末にZ会模試を受け,その結果を受けての会です。年次や教科によって,得意な分野や苦手な分野がわかり,今後どのように指導をしていったら良いかを考えることができました。
 

3月17日 明後日,終業式です

3月17日 いよいよ明後日は終業式です。久しぶりに生徒たちに会えるので,職員室にも嬉しい空気が流れています。10時までに登校ですので,公共交通機関の混雑を避けて,登校してください。写真は,SSHハワイ島海外研修でマウナケア山頂にある国立天文台の「すばる望遠鏡」を見学したときのものです。ブログ担当が撮りました。本校は生徒たちのためのさまざまな研修を行っています。
 

3月16日 動物の細胞

3月16日 動物と植物細胞の違いを見出すために,生徒たちがほおの細胞の顕微鏡で観察した写真です。酢酸オルセイン液で核が赤く染まっています。細胞膜で囲まれているようすがよくわかります。
 

3月14日 「茨城の魅力を探求し発信する高校生コンテスト」2


3月14日 13日のブログ記事「茨城の魅力を探求し発信する高校生コンテスト」でスライドショー部門優秀賞を受賞した5年次生の作品動画です。
 

3月13日 「茨城の魅力を探求し発信する高校生コンテスト」

3月13日 2月15日(土),「茨城の魅力を探求し発信する高校生コンテスト」(茨城大学主催,茨城県議会・茨城県教員委員会後援)の2次審査会(公開発表会)が行われました。本校からは5年次生1チーム(2名)の作品が選出されており,スライドショー部門優秀賞を受賞しました。応募人数515名,応募数115作品の中から二次審査に進出したのは20チームでした。
 5年次生の「道徳プラス」の授業の「茨城の名産品」という単元で「茨城県をプロデュースしよう」という取り組みを行った際に,各グループで作成したプレゼン用のスライドを中心に,今回のコンテストに応募しました。受賞したのは「実は名所!?つくばで魅せる!インスタ映えスポット!」という作品で,独自のキャラクターがつくばの魅力を紹介したものです。聞き取りやすくするために音声のスピードに気を遣い,見やすくするために色使いに工夫を凝らしたとのことでした。
 

3月12日 理科室の宝物

3月12日 理科室の宝物 5年前,第4回科学の甲子園において,ノーベル物理学賞を受賞した天野浩先生の講演をお聞きしたとき,出場生徒たちが天野先生からいただいたメダルのチョコレートです。6回生が第2回科学の甲子園ジュニアで全国優勝し,その賞品が「つくば開催の第4回科学の甲子園参加」でした。参加生徒の1人がブログ担当にプレゼントしてくれたものです。
 

3月12日 理科室の標本

3月12日 理科室の標本 1年次生の授業で使う「硫酸銅の結晶」です。化学室の戸棚には,さまざまな結晶が観察できるように飾られています。結晶は物質ごとにさまざまな色や形をしています。とてもきれいですね。
 

3月11日 桜のつぼみ

3月11日 ブライトホールの前に,しだれ桜があります。毎年,入学式の頃,美しく花を咲かせます。今日,しだれ桜の枝を見ると,桜のつぼみが大きくなり,ピンクに色づいていました。あと10日もすると,きれいに咲き始めるでしょう。
 

3月10日 卒業生 よく頑張っています

3月10日 今日,東京大学の合格発表がありました。3月1日に卒業した7回生152名から8名,既卒生の6回生2名が合格,計10名が合格しました。本校開校以来,一番多い合格者数となりました。
 京都大学や東北大学などさまざまな国立大学に多くの7回生が合格しました。昨日より,職員室には笑顔いっぱいの7回生,6回生が挨拶に来ています。
 

3月10日 春が来た

3月10日 花壇に春を見つけました。ボランティア委員会が植えた球根です。クロッカスでしょうか。
 

3月9日 月の見え方AR 動画


3月9日 「月の見え方AR」は実際どんな感じなのかという質問を受けました。生徒がつくった動画の一部を掲載します。「ウ」にある月の形と南中する時刻の説明です。実際の授業では,各班ごとにプレゼンしました。
 

3月7日 メダカの血流

3月7日 メダカの尾びれの毛細血管の顕微鏡で観察した動画です。生徒がiPadを使って,動画で撮影しました。毛細血管には,赤血球が流れているようすがよく分かります。
 

3月6日 スクールタイマー第5世代導入!

3月6日 日本学生科学賞を通じて科学教育の振興に努力したことが認めた「日本学生科学賞学校賞」で,スクールタイマー5Plusを各クラスと特別教室に導入しました。もちろん中島校長先生のご発案です。今まで使っていたタイマーよりも大きくて使いやすいものとなっています。
 

3月6日 気孔の写真

3月6日 生徒が観察した気孔の写真です。表皮細胞には葉緑体が無いのに,気孔をつくる孔辺細胞には葉緑体が多くあることが分かります。この葉緑体は,デンプン生成と気孔開口に必要なATP供給のはたらきをしています。
 

3月5日 拡張現実ARを使った授業

3月5日 iPadが約100台,surface40台,Chomebook40台があるため,授業でタブレットを1人1台用いることができます。理科では,「月の満ち欠けAR(拡張現実)」を用いて,月の満ち欠けの学習をしました。月や地球・太陽がワークシート上に立体的に浮いて見えるのです。写真は,生徒が作成した動画の一部です。
 

3月4日 ブタの肺のシリコン気管標本

3月4日 生徒たちが学校におらず,寂しいのですが,教員は頑張ってはたらいています。休校中,ブログ担当や生徒が撮った教材用写真を載せていこうと思っています。まず,第1弾は,ブタの肺のシリコン気管標本です。肺を授業で観察した後,生徒たちと一緒に作成しました。気管支の先端部分にある肺胞の様子も分かります。右は肺モデルです。
 

3月3日 動画配信授業研修

3月3日 荻野先生主催の授業動画配信の研修会が行われました。4日から18日までの臨時休校の間に,生徒たちが自宅にいながら授業を受けることのできるような動画の作り方,配信の仕方を学ぶために,多くの先生方が参加しました。ブログ担当も頑張ろうと思います。
 

3月1日 第7回卒業証書授与式



3月1日 第7回卒業証書授与式が挙行され,7回生が本校を巣立っていきました。卒業生の立ち居振る舞いなどがたいへん素晴らしく,あたたかく良い卒業式になりました。入学してからの6年間,いろいろな体験や想いをして,体も心も大きく成長しましたね。ご卒業おめでとうございます。
 

2月28日 卒業式の式場が完成しました

2月27日 卒業式の会場が完成しました。6年次生だけで予行練習が行われました。いよいよ明後日が6年次生にとっての大切な卒業式となります。
 

2月27日 静電気で遊ぼう!

2月26日 理科の授業で,静電気の実験を行いました。写真は,塩ビ管の上にスズランテープのクラゲが浮いています。理科の楽しさ,面白さを生徒たちが実感してもらう授業がとても大切であると思っています。「理科が好きだという想い」が学力に結びついていくと思います。
 

2月26日 ものづくり


2月26日 2年次の理科の時間に,「1人1コものづくり(クリップモーター)」を行いました。「2 電流が磁界の中で受ける力」の応用として実施しました。エナメル線の皮膜のはがし方やコイルの左右のバランスなどをグループで話し合いながら,試行錯誤して,つくっていました。コイルが回転したときには生徒たちは大喜びでした。授業を通して,急速に変化する社会に対応できる力,課題解決力等を育てたいと思っております。
 

2月25日 電子顕微鏡の画像 アブラムシ編


2月25日 パンジーについていたアブラムシを廣澤先生と電子顕微鏡で観察しました。アブラムシが植物の汁を吸うときに使う口針を拡大して,観察してみました。口針は細く,先が数㎛であることが分かります。だから,簡単に植物に差し込むことができるのですね。
 

2月22日 電子顕微鏡使い方講習会


2月22日 電子顕微鏡の使い方の講習会を行いました。まず,科学研究部の生徒たちが使い方を学びました。ある先生が,観察用として生徒に渡してくれた髪の毛を試料としました。キューティクルなどが見えました。観察画像に感動している生徒たちでした。
 

2月21日 定期テストⅤ終了

2月21日 今日の定期テストⅤで今年度のテストは終わりです。終了のチャイムが鳴った後,生徒たちは「終わったあ!!」という嬉しい声をあげ,達成感に満ちた表情でした。おつかれさま~。
 

2月20日 花びら(花弁)を電子顕微鏡で見ると・・・


2月20日 昨日,お借りした電子顕微鏡を使って,パンジーの花弁(花びら)の写真を撮ってみました。科学研究部の生徒に教えるために,ブログ担当がまず練習です。走査電子顕微鏡で見た世界の美しさに感動!2時間見入ってしまいました。上の写真はパンジーの花弁,下の写真は上の写真の尖り1本を拡大したものです。きれいな縦線が見えました。
 

2月19日 本校に電子顕微鏡登場!!

2月19日 日立ハイテクノロジーズ様より電子顕微鏡を今日から2週間お借りしました。きっかけは,8月のSSH生徒研究発表会(神戸国際展示場)で長崎西高の先生からブログ担当がお話を聞いたことです。審査を経て,今年度2週間お借りできました。今回は,来年度2ヶ月間,お借りするための試験運用となります。借りることができれば,科学研究部の研究だけでなく,授業や理数探究の個人研究でも使用できます。たいへん有り難いです。
 

2月18日 ちょっと見週間

2月18日 今週は,毎月一週間実施されている「ちょっと見週間」です。3年次の技術の情報,プログラミングの授業でした。電子オルゴールを作成し,プログラミングで音楽を作成していました。生徒たちは熱心にパソコンに向かい,楽しそうにプログラムを組んでいました。
 

2月17日 スタディースペース

2月17日 日差しがあたたかくなってきました。春がもうそこまで来ています。校内では6年次生が大学受験に向けて,最後の追い込みをしています。他の年次は定期テストⅤに向けて,全力で勉強しています。朝早くからスタディー・スペースで学習している前期生も多数います。
 

2月14日 バレンタイン給食

2月14日 バレンタイン給食でした。「ハート型の海鮮焼き」「チョコムース」がでました。つくば市の給食は,地産地消であり,さらに季節行事を取り入れたメニューであるため,生徒たちも楽しみにしています。
 

2月13日 素晴らしい作品

2月13日 第21回県南高校書道展に3名の生徒が出品しました。4年次生1名,5年次生2名です。素晴らしい作品です。現在,実践室前のフロアーに展示しています。是非ご覧ください。
 

2月12日 東大道り沿いの横断幕

2月12日 東大通り沿いにある「横断幕」に今,何が掲げられているかご存じですか。令和2年になってから掲げられたものが「日本学生科学賞 学校賞」です。生徒たちがいろいろな場で活躍しているので,本当は掲げたいけれどスペースの関係で出せないものも多数あります。
 

2月11日  日立一高附属中学校の5教科の先生方来校

2月11日 6日と7日に日立一高附属中学校の5教科の先生方が各教科の授業見学と意見交換のために来校されました。茨城県既存の中高一貫校で切磋琢磨する機会を持ち,さらに教育力を高めていく目的で行いました。生徒たちのために,良い授業を行いたいという先生方の熱い想いから,授業後の意見交換はたいへん活発に行われました。
 

2月10日 IBARAKI ドリームパス

2月10日 イバキラTV 1月19日「IBARAKI ドリーム★パス AWARD」
 

2月7日 朝の霜柱

2月7日 朝,温度計を見ると,マイナス5度でした。そして,学校に来ると,校長室前の花壇には,美しい霜柱がありました。霜柱は,地中の水分が毛細管現象によって,土の隙間を通って表面に集まり,柱状に凍ったものです。この霜柱は,真ん中のあたりに切れ目があります。なぜだろう??霜柱の構造の違いやでき方などを,研究テーマにしたら面白そうです。
 

2月6日 フジテレビの報道番組の取材


2月6日 フジテレビの報道番組「LIVE NEWS it!」(平日午後4時50分~午後7時)の取材がありました。「公立中高一貫校」について,深掘りする企画だそうです。3年次の英語と数学の授業の撮影や生徒,教員,校長先生へのインタビューがありました。放映日時は未定です。
 

2月6日 産業技術総合研究所の出前授業


2月6日 産業技術総合研究所の下村正樹先生の出前授業が行われました。1年次の理科物理分野光の性質の発展的授業です。生徒一人一人が「分光器 」を作成し,さまざまな光を分光器を通して,観察・実験を行いました。回折格子を用いて光を分けられることや太陽光,蛍光灯,LEDなどの光がどのような波長の光からできているということを学習しました。
 

2月5日 AFS交換留学生リア・ポインタルさんがフランスへ帰国!

2月5日 昨年4月からAFS留学生として,フランス・パリからきていたリラさんが,2月1日帰国しました。リラさんは来日前から日本文化に興味があり,留学中は4年D組の一員として勉学に励みつつ,AFSからの日本語ボランティアの方々と毎日のように日本語を学びました。さらに,バレーボール部と茶華道部に所属し積極的に並木中等の生活に馴染もうと努力しました。10か月間での頑張りで驚くほど日本語力は上達し,後半は冗談を言えるほどに!!シャイだけれど,チャーミングな一面を持ち,みんなから愛された留学生でした。帰国日にはつくばセンターのバスターミナルにバレー部の生徒たちが来てくれ,感動的な涙のお別れとなりました。お世話になった関係各所の皆様,本当にリラのサポートをありがとうございました。
 

2月5日 ニュージーランド交流校への長期留学生派遣第2陣が出発!!

2月5日 1月23日に,NZ北島にあるパーマストンノース市にあるAwatapu Collegeに3年次生が長期留学へ・4年次生1名が10週間のターム留学に出発しました!Awatapu Collegeは公立の共学校で,勉学はもちろん芸術・スポーツにも力を入れている国際色豊かな学校です。留学生受け入れでもNZ政府から何度も表彰されており,本校とも長年の関係を築いております。このように,並木中等は生徒の国際感覚を磨くためのシステムが整っています。このシステムを十二分に活用し,留学生にとって,輝く未来の一助にしてもらいたいと思います。成長して帰国する生徒たちに会えることが今から楽しみです!
 

2月4日 素敵なギャラリー 立春

2月4日 素敵なギャラリー「立春(2月4日)」です。一年のうちで最も寒い時期ですが,暦の上では春が始まります。今年は,2月でも温かいです。並木中等の近くの梅の花が咲き始めています。いつもよりも早い時期から鶯の鳴き声が聞こえてくるかもしれませんね。
 

2月3日 節分の給食メニュー

2月3日 立春の前日の節分です。豆まきを行うご家庭も多いのではないでしょうか。今日は,「節分給食」で,「いわしのピリからソース」と「福豆」がでました。いわしの味付けがご飯に合い,ご飯がすすみました。
 

1月31日 ユキヤナギ

1月31日 いよいよ明日から2月が始まります。今,本校の玄関には,桜やチューリップとともに春の訪れをつげる「ユキヤナギ」が生けられています。本校職員の長谷川さんが栽培しているものをいただきました。他の花がなくても,さまざまな方向に枝が広がる「ユキヤナギ」だけで素敵な生け花になっていました。
 

1月31日 漢文のアクティブ・ラーニング授業


1月31日 5年次主任細井先生の漢文の授業を見学しました。「史記」鴻門之会のアクティブ・ラーニングでした。各班で漢文を解釈し,その訳をみんなの前で演じる。そのあと,演じた生徒が,他の生徒からの質問に答え,内容をさらに深めていく授業でした。5年次生は,みんな笑顔で,一生懸命授業に取り組んでいました。高校生の時にこのような授業を受けていたら,漢文も好きになっただろうと思うブログ担当でした。
 

1月30日 4年次行事「餅つき」


1月30日 29日の5・6時限目に4年次行事が行われました。なんと「餅つき」です。新年の行事です。2組の杵と臼を使って,餅をつきました。杵でつくことが初めてという生徒もいました。お雑煮にしたり,きなこや餡子をつけたりと楽しく食べていました。楽しい年次行事でした。
 

1月30日 朝永振一郎記念第14回「科学の芽」賞

1月30日 朝永振一郎記念第14回「科学の芽」賞の各賞状が届きました。「科学の芽」賞1名, 奨励賞5名,努力賞7名,学校奨励賞もいただきました。写真は奨励賞を受賞した生徒(全員2年次生)です。「科学の芽」賞は,11月27日と12月25日のブログをご覧ください。
 

1月29日 第25回東関東アンサンブルコンテスト

1月29日 25日~26日,宇都宮市文化会館にて,第25回東関東アンサンブルコンテストが開催されました。本校からは高等学校部門にクラリネット四重奏(5年次生3名,4年次生1名)と中学校部門にクラリネット三重奏(3年次生3名)が出場し,両部門とも銀賞を受賞しました。高等学校部門は701グループ,中学校部門は1762グループからそれぞれ29グループが東関東大会に進むという狭き門でしたが,本校は4年連続で東関東大会に進んでいます。アンサンブルを通して,個々の技術を高めるとともに,小編成で活動することでお互いに意見を出し合って音楽作りをする楽しさも感じることができました
 

1月28日 並木中等の日常

1月28日 昨日の理科授業のようすです。棒磁石やU字型磁石,電磁石の磁力線を観察する磁界の導入の実験です。各班ごとにiPadで結果を撮影するとともに,方位磁針のN極の向きや鉄線の模様をスケッチしていました。何か気づいたことはあったかしら?
 

1月27日 SATテクノロジー・ショーケース2020

1月27日 24日につくば国際会議場で「SATテクノロジー・ショーケース2020」が行われ,5年次生がポスター発表を行いました。そして,高校生部門で「学生奨励賞(高校生で1位)」を受賞しました。ノーベル物理学賞受賞者であるつくばサイエンス・アカデミー会長の江崎玲於奈氏から表彰状をいただきました。おめでとうございます。
 

1月24日 入学確約書提出

1月24日 本日と1月27日(月)が入学確約書の提出日です。教職員も受付・対応業務をしています。小学6年生の元気な挨拶やお礼の声は,並木中等にも新しい息吹を吹き込んでくれるようです。1月23日から簡易開示も始まっています。
 

1月23日 茨城新聞の取材

1月23日 茨城新聞様より取材がありました。内容は,IBARAKIドリーム★パスの最優秀賞・3位をとった生徒たちへのインタビューです。
 

1月23日 ロウバイが満開の頃,読売新聞に掲載

1月23日 読売新聞朝刊26ページに日本学生科学賞の記事が出ました。15日に取材を受けたものです。3年次生2名と2年次生1名の写真と研究内容が載っています。さらに「学校賞」の記事もあります。26ページは並木中等の記事が7割を占めました。取材された生徒だけでなく多くの生徒たちと先生方の頑張りが実を結んだように思え,うれしかったです。
 

1月22日 桜咲く

1月22日 桜咲く。本日午前9時に新入学生の合格発表が行われました。本校は充実した行事や経験を通して,学力だけでなく,心も磨かれ,6年間で大きく成長できる学校です。4月にお会いできることを 教職員一同 心待ちにしております。
 

1月21日 素敵なギャラリー 大寒

1月21日 素敵なギャラリー「大寒の頃(1月20日)」。美しく咲いたツバキの花です。大寒は1年中で最も寒い時季と言われていますが,昨日の気温も10℃を超え,今年は冬らしくない冬です。明日はいよいよ入学者選抜の合格発表です。
 

1月21日 初のニュージーランド交流校へ留学生出発!

1月21日 並木から初のニュージーランド交流校へ年間留学生が出発しました!19日,1年間の長期留学生として3年次生3名が,本校の交流校であるPalmerston North Boy's High SchoolとPalmerston North Girl's High Schoolに成田空港から旅立ちました。毎年4年次生が訪問している交流校への留学だからこそ,派遣先の学校の教員と本校教員の間には強い信頼関係があり,安心して生徒たちは留学することができます。実りある一年間を過ごし,大きく成長して帰国してくれることを祈っています!
写真は,SGS担当の寺田先生と留学生です。
 

1月20日 IBARAKI ドリーム・パス 最優秀賞と3位




1月20日 19日に「IBARAKI ドリーム★パス AWARD」が水戸市の駿優教育会館で行われました。予選プレゼンテーションを経て,本校2チームが決勝大会にコマを進めました。決勝大会でも,県知事をはじめとした多くの審査員の前で,堂々と発表することが出来ました。ポスターセッションでは,様々な企業の方が声をかけてくださり,さらなる研究開発のアドバイスなどを受けられることになりました。
 最優秀賞に3年次生「あなたとしゃべりたいα」,3位に「自律型走行ロボットの開発」が選ばれました。第1回目の大会で,これだけの賞をとることが出来たことは,本校にとってたいへん喜ばしいことです。
 

1月17日 6年次生 応援しています!


1月17日 6年次生のセンター試験の激励会と会場下見が行われました。明日明後日,6年次生は緊張することなく,今まで勉強してきたことをすべて出し切ってほしいと思っております。並木中等全職員で応援しています!!
 

1月17日 ドリーム・パス

1月17日 19日(日)に水戸市の駿優教育会館(8階 音楽ホール)でIBARAKI ドリーム ★ パス AWARDが行われ,本校より7名(5チーム)が参加します。9時30分より予選,12時30分より決勝大会が行われます。参加生徒たちの発表を観覧,応援に是非お越しください。

 

1月16日 日本大学創立130周年 高校生作文コンクール

1月16日 「日本大学創立130周年 高校生作文コンクール」の授賞式の記事が13日の日本教育新聞に掲載されました。全国138校から1177作品の応募があり,8作品が入賞,表彰されました。なんと5年次生2名がその8作品に入り,佳作を受賞しました。素晴らしいことです。おめでとうございます。
 

1月15日 またまた新聞取材!

1月15日 14日に第63回日本学生科学賞中央審査で全日本科学教育振興委員会賞をとった2年次生と科学技術政策担当大臣賞をとった3年次生が読売新聞社様の取材を受けました。記者の研究内容に関する質問にしっかりと答えていました。記事になるのが楽しみです。
 

1月15日 ビジネス検定1級

1月15日 第139回珠算・電卓実務検定試験のビジネス計算部門(そろばん)で,5年次生が1級に見事合格し,14日の茨城新聞に掲載されました。 5年次生は文章題から立式をして,そろばんで計算するという検定が楽しそうだったために,チャレンジしたそうです。おめでとうございます。
 

1月15日 7回生のみなさん 応援しています!


1月15日 いよいよ18日からセンター試験が始まります。校長室の前や進路指導室の前には,湯島天神の御札が掲げられています。7回生の皆さん 今まで勉強してきた成果を発揮できるように体調を整えてくださいね。
 

1月14日 通常通りの生活

1月14日 冬休み明けは実力テストⅡ,入学者選抜の準備でした。よって,本日より通常通りの生活が始まりました。久しぶりの授業でしたが,生徒達は元気いっぱいでした。
 

1月10日 ロウバイの花のように花を咲かせてください

1月10日 蝋細工のような黄色い花を咲かせるロウバイが咲き始めました。ブライトホールの前を通ると甘い香りが微かに匂ってきます。ぜひ皆さんもロウバイの香りを楽しんでみてください。
いよいよ,明日は入学者選抜です。受検生の皆さん 緊張をせず,今までの頑張りを発揮してくださいね。
 

1月9日 茨城新聞の取材を受けました

1月9日 IBARAKIドリーム・パス AWARDが19日駿優教育会館で行われ,本校から,7名(5チーム)が参加します。AWARDに参加する生徒たちが今日,茨城新聞社様の取材を受けました。アプリやロボット開発,システム開発など自分たちが行っているプロジェクトを自信をもって説明していました。
 

1月8日 5年次生対象の医学部の志願理由書,面接指導

1月8日    昨年の12月12日に医学部の志望理由書・面接指導を行いました。5年次医学部進学希望者対象に河合塾の先生をお招きして実施しました。5年次生は,1年後の大学医学部受験に備えての心構えと今後の学び方がよく分かったようです。本校は医学部進学コーディネーターの篠崎先生を中心に様々な取組を行っております。
 

1月8日 学校長講話 中高時代のお話

1月8日 並木中等に久しぶりに元気な生徒たちが戻ってきました。生徒たちも先生方もとてもうれしそうに,笑顔で話をしていました。放送による校長先生のお話がありました。写真は講話中のようすです。
 いよいよ今週末,入学者選抜が行われます。小学6年生の受検生のみなさん!今までの頑張りを発揮できるように,体調を整えてくださいね。
 

1月7日 新年にふさわしい富士山

1月7日 4年次生が日本科学協会のサイエンスメンター制度で和洋女子大学の鬘谷先生から研究指導を受けています。6日にブログ担当が4年次生と一緒に和洋女子大学を訪問し,8Fにある教室の窓から見た風景です。新年にふさわしい富士山です。美しくて,思わず写真を撮ってしまいました。いよいよ明日から学校が始まります。みなさんに会えることがとても楽しみです。
 

1月6日 令和2年もよろしくお願いいたします。

令和2年1月6日 新年明けましておめでとうございます!皆様には,健やかに新春を迎えられたことと,お慶び申し上げます。今年も本校のようすができるだけ保護者や地域の方々に伝わるように「並木ブログ」を通して,情報発信に尽力して参ります。どうぞよろしくお願いいたします。体育の小神野先生がつくってくださった門松です。
 

12月25日 科学の芽賞


12月25日 朝永振一郎記念第14回「科学の芽」賞の表彰式と発表会が21日に行われ,2年次生が表彰されました。研究の発表を堂々と行うことができました。また,「科学の芽」学校奨励賞もいただきました。おめでとうございます!
 

12月24日 素晴らしいクリスマスプレゼント!



12月24日 第63回日本学生科学賞中央審査が22日と23日に東京の日本科学未来館で行われ,2年次生(科学研究)と3年次生(情報・技術)がプレゼンの審査を受けました。24日の表彰式で,2年次生が全日本科学教育振興委員会賞,3年次生男子が科学技術政策担当大臣賞,3年次生女子が入選3等をいただきました。それと,これまでに日本学生科学賞で優秀な成績を残している学校や科学教育に熱心に取組成果を上げている学校などに授与される「学校賞」を副校長先生がいただきました。おめでとうございます!
 

12月23日 吹奏楽部またまた大活躍!


12月23日 第25回東関東アンサンブルコンテスト(吹奏楽部)に4年連続,6回目,今年度は中・高ダブル出場が決定しました! 21日22日に,第54回アンサンブルコンテスト茨城県大会が行われ,中学部門クラリネット3重奏と高校部門クラリネット4重奏の両部門で金賞をとりました。県代表として1月25日26日の宇都宮市民会館で行われる東関東大会の出場を決めました。おめでとうございます!
 

12月23日 全校集会・表彰式・壮行会


12月23日 令和元年最後の授業と全校集会,大掃除が行われました。全校集会では,吹奏楽部東関東大会,囲碁将棋部全国大会,ビブリオバトル全国大会の壮行会,各部活や個人の表彰が行われました。本校の表彰は,県3位以上でないと壇上にあがることができないというきまりがあります。それにも関わらず,表彰数は47,しかも,全国1位は3つでした(前回の表彰式が9月30日でしたから,たった2ヶ月半で!)。全国レベルで活躍している本校生の多さに瞠目したブログ担当でした。
 

12月20日 ギネス世界記録認定

12月20日 2年次生が挑戦した縄跳びがギネス世界記録に認定されました。夏休みに302人で1本の縄で飛ぶ回数でのギネスにチャレンジに参加し,11回飛ぶことができました。その記録が認定されたそうです。ブログ担当は初めてギネス認定書を見ました。彼女は今週末も短縄のフリースタイルで全国大会に出るそうです。応援しています!
 

12月19日 理数探究校内発表会




12月19日 理数探究校内発表会が5・6時間目に行われました。5年次生が4年次生から行ってきた探究の口頭発表(各教室)とポスター発表(体育館)が行われました。1年次生から4年次生が見学をしました。大変素晴らしい発表でした。5年次生,2年間の探究お疲れ様でした。
 

12月18日 年次学活のようす

12月18日 各年次で6時間目は様々な学活が行われました。6年次は「センター1ヶ月前の説明会」,他年次では生徒達が企画・運営の「お楽しみ会」や「年次レクリエーション」などが行われました。上の写真は,2年次生のものです。科学の甲子園ジュニアのような「事前公開競技 建設闘争(新聞タワー)」,「ドッジボール」を。ドッジボールで勝つことが新たな新聞紙を獲得できるルールになっていました。生徒達の企画力に感心しました。
 

12月17日 高等学校教育研究会歴史部研修会

12月17日 茨城県高等学校教育研究会歴史部研修会が行われました。歴史部長である中島校長先生の最終講演,研究授業(橋本先生,後藤先生,荻野先生,石井先生),研究協議会が行われ,県内より70名近くの地歴公民科の先生方がいらっしゃいました。中等教育学校という枠組みの中での実践を見ていただきました。
 

12月16日 書評合戦「ビブリオバトル」県大会優勝!

12月16日 11日に水戸市ザ・ヒロサワ・シティ会館において,書評合戦「ビブリオバトル」県大会が行われ,5年次生が優勝しました。5年次生は「夜は短し歩けよ乙女」(森見登美彦著)を紹介しました。来年1月26日に行われる「全国高校ビブリオバトル決勝大会」に県代表として出場します。応援お願いします!
 

12月15日 光る大腸菌

12月15日 オワンクラゲの蛍光のGFP遺伝子をとりこんだ(形質転換した)大腸菌のようすです。大腸菌のコロニーがきれいな蛍光を発しています。生徒達によりよい授業を行えるように,教員が筑波大学の「教員のための遺伝子組換え実験教育研修会」に14日15日と参加し,遺伝子組換えやゲノム編集技術の知識や教授法などを学んできました。実験講座など行い,生徒達に還元できたらと思っています!
 

12月13日 美しい紅葉

12月13日 実践室前のカエデです。12月中旬の今,真っ赤に色づいています。例年に比べて,遅い紅葉です。ところで,「モミジ」と「カエデ」の違いをご存じですか?どちらもカエデ科カエデ属で分類上は全く同じですが,葉の切れ込みの深いカエデを「~モミジ」と言っているそうです。
 

12月12日 トイレ改修工事

12月12日 東側のトイレ工事が終了しました。生徒の皆さん,今まで教室から離れたトイレまで行ってくれて,どうもありがとうございました。今日から西側トイレの工事が始まります。写真は1F東側トイレの車いす対応トイレです。
 

12月11日 理数探究ゼミ

12月11日 19日に理数探究校内発表会が5,6時間目にあり,5年次生の理数探究の発表を1年次生から4年次生が見学します。発表会直前最終ゼミということで,5年次生の最終リハーサルにも熱がこもっていました。
 

12月10日 クリスマスオブジェ3

12月10日 クリスマスオブジェを職員玄関でも見つけました。ポインセチアのアレンジです。本日で1年次から5年次までの保護者面談が終了します。6年次生は明日までとなります。保護者の皆様,ご来校ありがとうございました。
 

12月9日 毎日パソコンコンクール 総務大臣賞


12月9日 8日国立オリンピック記念青少年センターにおいて,第19回毎日パソコン入力コンクール全国大会が行われ,本校生徒5名が出場しました。4年次生が英単語高校生部門で総務大臣賞,2年次生が漢字中・高校生部門で総務大臣賞を受賞,2年次生が2位,3位にも入ることができました。直前まで問題を出し合い,互いに高めあう姿がみられ,素晴らしい結果を残すことができました。
 

12月9日 筑波大学地域医療教育学講座


12月9日 6日医学ゼミに属する3・4年次生13名が筑波大学地域医療教育学講座を訪問しました。6年間の医学教育のカリキュラムについてのお話を聞いたり,医学部生の問診の実習を見学したりしました。医学部に進みたいという気持ちがさらに強くなったようです。
 

12月6日 薬物乱用防止教室

12月6日 5日4時間目授業において,1年次生を対象とした薬物乱用防止教室が行われました。FSUNヘルスプロモーションセンター代表理事の菅原先生が薬物の恐ろしさを話してくださいました。さらに,薬物乱用は薬物を乱用した本人だけの問題ではなく,家族を含めた周りの人々の人生を不幸にすることなどを学びました。
 

12月5日 SSH出前授業


12月5日 4日の6時間目に,2年次生対象にSSH出前授業を実施しました。講師は森林総合研究所の川上和人先生でした。「鳥はどうして飛ぶのか,飛べるのか」の授業で,恐竜から鳥類に進化した根拠や鳥類が飛んだ理由など多くのことを学ぶことができました。講演後,本を持ってきて,サインをお願いしていた生徒もいました。
 

12月5日 いのちの学習会

12月5日 4日の7時間目に医学ゼミ受講者対象に「いのちの学習会」が行われました。筑波大学消化器外科・移植外科の高橋一広先生をお招きして,「移植の今」というテーマで講演をしていただきました。医者を目指す生徒達にとって,命をつないでいくことの重要性も理解したようです。
 

12月4日 クリスマスオブジェ 校長室前編

12月4日 令和2年度の入学者選抜出願期間は本日で終了です。本校を目指している受検生はこの寒さで体調を崩さないようにしてほしいと思っています。3日に引き続き,本校のクリスマスデコレーションをご紹介します。校長室前のようすです。これは校長先生が飾ってくださっています。いろいろな場所で季節を感じることのできる学校です。
 

12月3日 クリスマスオブジェ 洗面所編

12月3日 近頃,街のいろいろなところでクリスマスイルミネーションが飾られ,冬が来たことを感じます。本校もクリスマスオブジェが飾られている場所が何カ所かあります。この写真のクリスマスオブジェは実践室前の洗面所です。校長室前のクリスマスオブジェは明日ご紹介します。
 

12月2日 全国大会壮行会

12月2日 毎日パソコンコンクール(2年次4名,4年次1名)と第63回日本学生科学賞中央審査(2年次1名,3年次1名)に出場する選手の壮行会が行われました。どちらも全国大会となります。活躍を期待しています!
 

11月29日 冬到来

11月29日 急に気温が下がってきました。冬到来ですね。本校は,昨日ストーブを一斉に出しました。本校の周りの木々の紅葉もきれいで,青空に映えています。
 

11月28日 視察


11月28日 東京都,広島県,佐賀県の先生方が視察に訪れました。生徒の授業の様子を見たり,校長先生のお話を聞いたりしました。今年4月からトータルで341名の先生方などの視察がありました。生徒たちは授業を見ていただくことに慣れています。
 

11月28日 さわやかマナーアップキャンペーン


11月28日 本日の朝,「広げよう 笑顔とあいさつ 地域の輪」というテーマを掲げ,さわやかマナーアップキャンペーンが行われました。本校からは生徒会役員,生活委員,PTA生徒指導委員さんが参加し,並木中学校,桜南小学校,並木小学校,つくば中央警察署,青少年相談員さんと合同で実施しました。ブログ担当は,校門にいる小学生たちから元気な挨拶をもらい,とてもさわやかな気持ちになりました。
 

11月27日 朝永振一郎記念第14回「科学の芽」賞

11月27日 26日の茨城新聞に出ていたように,朝永振一郎記念第14回「科学の芽」賞において,科学研究部2年次生(写真の生徒)が「科学の芽」賞を受賞しました。さらに「科学の芽」奨励賞には2年次生4作品(5名),「科学の芽」努力賞には,1年次生2作品(4名),2年次生1作品,4年次生と1年次生1作品,さらに「科学の芽」学校奨励賞も受賞しました。おめでとうございます。
 

11月26日 科学の甲子園 県大会

11月26日 23日につくば国際会議場において,科学の甲子園県大会が行われました。4年次生1チームと5年次生2チームが参加しました。筆記競技と実技競技に全力を尽くしました。3月埼玉県で行われる全国大会に出場してほしいと心から願うブログ担当でした。中学の全国大会は今年度までがつくば開催,高校は,来年度から3年間再びつくば開催となります。
 

11月25日 4年次生の東京3大学見学会

11月25日 20日に4年次生の東京3大学見学会が行われました。全員で東京大学駒場キャンパスを訪問し,大学教員によるガイダンスと本校卒業生によるキャンパス見学が実施されました。卒業生の元気に活躍する姿が見られ,先生方も大喜びでした。その後,文系希望者が一橋大学国立キャンパス,理系希望者が東京工業大学大岡山キャンパスを見学しました。両大学でも,卒業生がキャンパスツアーとガイダンスを行ってくれました。
 

11月25日 1年次生の校外キャリア学習


11月25日 19日に1年次生の校外キャリア学習が行われ,石岡にある畜産センターと小美玉市にあるタカノフーズの納豆工場見学をしました。タカノフーズは茨城県の良さをさらに知ろうということで本校初の訪問でした。畜産センターでは研究者の畜産最前線のお話とバターづくりを行いました。タカノフーズでは工場見学などを行いました。
 

11月22日 2年次国外語学研修3日目




11月22日 2年次国外語学研修3日目 レッスンを2つ受けた後,Gymで修了式が行われました。修了式では,ブリティッシュヒルズの先生方から1人ずつ修了証書が渡されました。英語漬けの3日間,素晴らしい経験をすることができたのではないでしょうか。
 

11月22日 21日の2年次国内語学研修2日目夜




11月22日 21日の2年次国内語学研修2日目夜 イルミネーションもクリスマスモードのブリティッシュヒルズのです。生徒達は自由時間を楽しんでいるようです。
 

11月21日 2年次国内語学研修2日目





11月21日 2年次国内語学研修2日目 まるでハリーポッター映画のようなブリティッシュヒルズの写真です。レッスンを2つと選択レッスンを受けました。選択レッスンはカリグラフィー,モザイクアート,クッキング(スコーン)の好きなコースを体験しました。
 

11月20日 5年次ベトナム修学旅行4日目



11月20日 5年次ベトナム修学旅行4日目 午前中はB&Sの街歩きを行いました。
午後は,体験学習別に分かれて活動しました。いよいよ,帰国となります。
 

11月20日 2年次国内語学研修1日目活動





11月20日 2年次国内語学研修1日目活動 福島県のブリティッシュヒルズに到着し,オリエンテーションとレッスン①を行いました。自由時間はPubやラウンジなどに行き,楽しむことができました。オールイングリッシュの友達との会話は慣れてきたかしら?
 

11月20日 2年次国内語学研修1日目朝

11月20日 2年次国内語学研修1日目朝 出発式を行い,各クラスバスに乗り込み,福島県のブリティッシュヒルズに向けて出発です。ブリティッシュヒルズの門を入ったら,すべて英語で会話となります。2年次生満面の笑みで出発しました。日頃の英語の学習の成果を発揮してください。
 

11月19日 5年次ベトナム修学旅行3日目



11月19日 5年次ベトナム修学旅行3日目 ベトナム国家大学を訪れ,大学生と交流し,すっかりキャンパスになじんでいました。修了式では,有志がソーラン節を披露しました。スムーズに動けたため,予定にはなかったのですが,ドンコイ通りで買い物をしました。その後,水上人形劇を見学し,技術と面白さに感動しました。夕食時にはベトナム伝統音楽の生演奏を堪能しました。一番上の写真は,2日目夕方のグエン・ドク氏の講話後の記念写真です。
 

11月19日 3年次広島・京都平和研修3日目



11月19日 3年次広島・京都平和研修3日目 6時に起床し,妙心寺にてクラス写真の撮影を行いました。その後,班ごとに分かれ,金閣寺,龍安寺,渡月橋などを見学しました。秋の京都を満喫することができました。平和研修に課題を見つけたミニ課題探究Ⅲも,現地でのフィールドワークを充実させ,外国の方や観光客へのインタビュー活動に励んでいました。
 

11月18日 3年次広島・京都平和研修2日目



11月18日 3年次広島・京都平和研修2日目 広島から京都へ移動し,タクシー班研修を行い,事前研修で決めたルートをまわりました。京都はとても紅葉がきれいです。夜は清水寺の夜間見学をしました。ライトアップされた赤や黄色に色づいた木々が水面に映り,幻想的な風景です。総合的な学習の調査もしっかりやっています!
 

11月18日 5年次ベトナム修学旅行2日目



11月18日 5年次ベトナム修学旅行2日目 クチトンネル見学のあと,ベトナム家庭料理のレストランで昼食をとりました。おいしい料理で,みんな食事に満足しました。その後,統一会堂と戦争博物館の見学をしました。平和の大切さを考えた2日目でした。
 

11月17日 5年次ベトナム修学旅行1日目


11月17日 5年次ベトナム修学旅行1日目 成田空港からホーチミン国際空港まで,約6時間かけて飛行機に乗りました。その後,中央郵便局,サイゴン大教会などホーチミン市内の観光をしました。
 

11月17日 3年次広島・京都平和研修1日目


11月17日 3年次広島・京都平和研修1日目 広島の原爆ドーム,平和記念公園の見学をしました。教科横断的な事前学習に力を入れてきたため,平和セレモニーでは平和を願う気持ちを込めて,『蛍』の合唱や「平和への誓い」「千羽鶴献上」を行うことができました。その後,フェリーに乗って,世界遺産の宮島に行き,厳島神社の見学を行いました。
 

11月17日 第44回中学・高校生物研究発表大会


11月17日  茨城県立図書館において,第44回中学・高校生物研究発表大会が行われ,科学研究部の2年次6名が参加しました。大きなスクリーンで研究成果の発表,質疑応答と2年次生にとっては,初めての経験でとても勉強になったと思います。全員よく頑張っていました。
 

11月16日 つくば科学フェスティバル

11月16日  つくばカピオにおいて,「つくば科学フェスティバル」が行われ,科学研究部が”DNAストラップとリングキャッチャー”で出展しました。多くの方が本校のブースに来てくれ,本校生が丁寧に作り方を教えていました。完成品を見て喜ぶ小学生を見て,達成感を得られたようです。
 

11月16日 IBARAKIドリームパス事業の中間報告会

11月16日  笠間市役所において,IBARAKIドリームパス事業の中間報告会が行われ,全県から高校生が集まり,様々な取組みの発表がありました。神栖市を活性化するためのお弁当づくりやお年寄りを元気にするなど市町村活性化の企画が多く,どの高校の取り組みも素晴らしかったです。本校からは「モーショントレースシステムの開発」「自律型走行ロボットの開発」「あなたと話したいα」などの取組の中間発表でした。午後にその企画をブラッシュアップする時間があり,最終発表に向けての準備となりました。
 

11月15日 ベトナム修学旅行事前学習

11月15日 先週から今週にかけて,5年次生の家庭科の授業でベトナム修学旅行事前学習を行いました。ベトナム料理であるフォー・ゴイクン料理をつくりました。とてもおいしかったようで,ベトナム修学旅行がさらに楽しみになったようです。
 

11月15日 放射線医学総合研究所の訪問


11月15日 11日に医学ゼミの参加希望者23名(3~5年次生)が千葉市にある量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所を訪問しました。重粒子線がん治療の概要説明などの講義を受けた後,重粒子線棟や緊急被爆医療施設などの見学を行いました。
 

11月14日 アクティブ・ラーニング授業公開

11月14日 教員対象の「アクティブ・ラーニング授業公開」を実施しました。県外から70名以上(青森県~鹿児島県),県内より90名以上の先生方の参加がありました。午前中,本校教員のAL授業を公開し,午後は本校の取組の実践発表と学校長の講演会を実施しました。来校してくださった先生方が「AL授業などとても面白かったです。」と言ってくださり,大変嬉しく思いました。
 

11月13日 すごい教材「Dagik Earth  ダジック・アース」

11月13日 茨城県自然博物館より「Dagik Earth  ダジック・アース」をお借りしました。京都大学大学院理学研究科が中心となって進めている地球や惑星を立体的に表示する教材で,気象,気候とバイオソーム,宇宙などの授業で使えます。借りてきた理科担当も自転する立体的な惑星などを見て,感動です。
 

11月13日 素敵なギャラリー「立冬(11月8日頃)」

11月13日 茨城県民の日 素敵なギャラリー「立冬(11月8日頃)」の切り絵です。立冬は冬の気配が初めてあらわれる頃という意味ですが,本校周辺はこれから紅葉が見頃という感じです。隣の並木中学校前の銀杏並木が真っ黄色に色づきとてもきれいです。
 

11月12日 6年次生のWRの掲示

11月12日 ウォークラリーを終えた6年次生のために,保護者(6年次生の)がすてきな掲示物を作成してくださいました。ウォークラリーのあと,保護者から花びら型の紙を受け取り,そのときの想いを書いていました。現在,2階職員室前のフロアーに飾っています。左の写真が1年次生,右の写真が6年次生の時です。
 

11月9日 年に1回の学校公開日

11月9日 年に一度の学校公開日が行われました。一般の来校者が1700名を超え,保護者と合わせると2100名以上が来校しました。ご来校どうもありがとうございました。本校のアクティブ・ラーニングを取り入れた授業や部活動,生徒の生き生きとした様子が伝えられたと思います。
 

11月8日 IBARAKIドリーム・パス

11月8日 7日放課後に茨城県の「IBARAKIドリーム・パス事業(「夢」や「希望」)をもちこれからの茨城をリードする青少年を育てるプロジェクト)」の一環として,企業の方と本校生徒がビデオ会議を行いました。本校生徒の活動についてのアドバイスをいただきました。11月16日にある中間報告会にむけて,参考になりました。
 

11月7日 ベトナム修学旅行事前学習


11月7日 5年次生の世界史選択者がベトナム修学旅行事前学習として,各クラスにおいて,ベトナムに関するプレゼンを行いました。全クラス共通の「ベトナムの歴史編」,その後,それぞれのクラスでテーマを決めて,「食文化」,「文化芸能」,「言語」などで発表を行いました。大変好評で,他クラスのプレゼンも見たいという声があがったため,修学旅行出発前までの昼休みに,各クラスでプレゼンを実施するとのことです。
 

11月6日 「道徳」および「道徳プラス」公開授業


11月6日 4年次生の「道徳」および5年次生の「道徳プラス」公開授業が行われました。 5年次生のテーマは,郷土愛を育むということで「茨城の名産品」でした。話し合い活動を多く取り入れ,他者の立場を考慮し,正しい行動がとれる道徳的な判断力を育てることをねらいとしました。
 

11月5日 第25回日本管楽合奏コンテスト全国大会(高等学校A部門)


11月5日  4日,文京シビックホール(東京都)で行われた,第25回日本管楽合奏コンテスト全国大会(高等学校A部門)に吹奏楽部が参加し,優秀賞を受賞しました。1年生から5年生までの夏のコンクールメンバー30名で参加し,演奏曲は保科洋作曲「復興2015年版」でした。半年間積み重ねてきた練習の成果を演奏で表現することができたとともに,全国の強豪校の素晴らしい演奏を聴くことができ,貴重な機会となりました。
 

11月2日 茨城県高文連盟主催の自然科学部研究発表会


11月2日 茨城県高文連盟主催の自然科学部研究発表会 兼 第44回全国高等学校総合文化祭高知大会県予選が筑波大学で行われ,科学研究部後期生が参加しました。口頭発表部門で5年次生2名が優秀賞(2位),ポスター発表部門で5年次生1名が最優秀賞(1位),4年次生1名が奨励賞(3位)をとり,最優秀賞の5年次生は来年夏に行われる「2020こうち総文」に茨城県代表としての出場が決定しました。
 

11月1日 昇降口の掲示

11月1日 定期テストⅣの最終日です。生徒たちは,テストが終わるたびに,「あと○○時間だあ。がんばろう。」と言っております。11月9日の学校公開に向けて,掲示物の準備も着々と進んでおります。
 

10月31日 ハロウィーン

10月31日 本日はハロウィーンでした。素敵なギャラリーには「おばけカボチャ」が飾られ,ハロウィーンの雰囲気でした。前期生は定期テストⅣ1日目でした。
 

10月30日 素敵なギャラリー「霜降(10月23日頃)」

10月30日 素敵なギャラリー「霜降(10月23日頃)」の切り絵2作品目です。今日から定期テストⅣが始まりました(前期生は明日から)。近頃,寒暖の差が大きいです。体調を崩さないように注意しながら,,テスト勉強を効率よく行って下さいね。栄養,睡眠が大切です。
 

10月29日 3年次生大学見学


10月29日 25日に3年次で筑波大学見学会が行われました。午後に茨城大学に行く予定でしたが、台風の影響の強風と豪雨で午前中のみの実施となりました。筑波大学の概要を聞いたり、スーパーコンピューターを実際に見たりと充実した時間を過ごしました。生徒にとって、中高生時代をどう過ごせばよいかという筑波大生からのアドバイスがすごく心に響いたようです。
 

10月28日 可愛らしいお客様が来校しました。

10月28日 本日,本校に可愛らしいお客様が来ました。並木小学校2年生が「町たんけん」の授業で,本校を探検に来ました。好奇心旺盛の子どもたちに感動!実践室の椅子の数を「多い~」と言いながら,キラキラした目で数えていました。
 

10月27日 科学研究作品展がんばりました!









10月27日 第63回茨城県児童生徒科学研究作品展の表彰式といばらき理科教育推進事業の「ミニ博士によるミニ学会」がミュージアムパーク茨城県自然博物館で行われました。本校からミニ学会へは9チーム(10名)が参加し,科学研究をポスターや資料を用いて,堂々とわかりやすく発表することができました。表彰式は,前期8作品(9名),後期3作品入賞しました。学校賞もいただきました。この受賞数は並木中等開校以来最多となります。県の3位以内に4作品(前期3作品,後期1作品)が入ったため,茨城県代表として,第63回日本学生科学賞中央予備審査に申し込みます。中央最終審査に進むことを目指して,さらに頑張っていきたいと思っています。
 

10月25日 ベトナム修学旅行事前学習


10月25日 24日の6時間目に5年次生のベトナム修学旅行事前学習が行われました。ベトナム大使館と企業で働いているベトナム人の女性2名と関係者の方が来校し,出前授業が行われました。ベトナムの文化や歴史,食などさまざまなお話の後,質問タイムとなりました。多くの質問が活発に出て,授業が盛り上がりました。
 

10月24日 素敵なギャラリー「霜降(10月23日頃)」

10月24日 素敵なギャラリー「霜降(10月23日頃)」の切り絵です。秋が一段と深まってきました。このカラスウリは中央青年の家に登っていく山道の入り口になっていたものです。近藤先生が,WRのお土産として,とってくださったものです。秋を感じますね。
 

10月22日 ウォークラリー2日目の写真










10月22日 20日のウォークラリー2日目の写真です。中央青年の家から本校まで歩きました。
 

10月21日 ウォークラリー1日目の写真










10月21日 19日のウォークラリー1日目 霞ケ浦ふれあいランドから中央青年の家までの写真です。
 

10月20日 ウォークラリー2日目



10月20日 ウォークラリー2日目  大休止地点である中央青年の家を朝6時にグループごとに出発し,チェックポイント(土浦市役所新治庁舎・吉瀬駐車場)をとおり,本校まで元気に歩きました。ゴールにおける保護者達の声かけで笑顔に,保護者がつくって下さったおいしい豚汁でさらに笑顔に,そして困難や苦しさを乗り越え歩ききったという充実感で満面の笑顔に,生徒たちの最高の笑顔がたくさん見られました。
 保護者の皆様,地域の方々ご協力とご声援どうもありがとうございました。
  そして,WR担当の森田先生,お疲れさまでした。
 

10月19日 ウォークラリー1日目



10月19日 ウォークラリー1日目 スタート地点である霞ケ浦ふれあいランドに集合し,出発式を行ったときには,かなり強い雨が降っていました。校長先生の「1・2・3・ダー」というかけ声に全生徒が合わせて,元気に出発しました。10時頃から雨がやみ,晴れ間も見えていました。かすみがうら市,土浦市,行方市,石岡市の美しい秋の彩りを見ながら,30キロメートルを超える道のりを歩行しました。
 

10月18日 壮行会&WR開会式


10月18日 いよいよ明日,明後日と並木三大行事であるウォークラリーが行われます。
本日は4時間目に,壮行会とウォークラリーの開会式をを実施しました。明日のウォークラリーは雨の予定ですが,雨対策,防寒を重点的に行い,2日間元気に歩けるように準備してほしいと思っております。
 

10月18日 県南新人大会

10月18日 今週,県南新人大会が行われ,野球部,サッカー部,卓球部,女子バレー部,剣道部,ハンドボール部が参加しています。卓球部の個人戦で,1年次生がベスト8に入り,県大会出場を決めました。おめでとうごうざいます。
 

10月17日 茨城県児童生徒科学研究作品展搬入

10月17日 10月24日から27日まで茨城自然博物館で第63回茨城県児童生徒科学研究作品展(兼日本学生科学賞茨城県作品展)が開催されるため,本日,前期生の9作品(10名),後期生の5作品を搬入しました。27日13時から前期生(中学生)の「ミニ博士によるミニ学会」が行われます。是非,生徒たちの頑張りを見に来てください。
 

10月16日 Palmerston North Girls' High SchoolのTrish先生


10月16日 15日にNew Zealandの姉妹校Palmerston North Girls' High SchoolのTrish先生が来校し,3年次の英語授業を行っていただきました。New Zealandの国,文化,自然,学校等についてを英語で説明してくれました。3年次生も積極的に英語で質問していました。
 

10月16日 始祖鳥の化石を用いた授業


10月16日 理科の授業のようすです。茨城自然博物館からお借りした始祖鳥の化石レプリカ,オオトカゲとニワトリの骨格標本を観察して,進化の学習をしています。「自分の目で本物を観察して,気づき,自らで考え,論理的に説明できる。」力をつけてほしいと思っています。
 

10月15日 初任者研修英語授業研

 
10月15日 台風19号により被害に遭われた皆さまには,心よりお見舞いを申し上げます。
11日の1時間目に,中川先生の初任者研修英語授業研が行われ,多くの先生が参観しました。生徒がタブレットなどを用いて英語プレゼンテーションを行い,Evaluation Sheetを用いて,班で評価をしました。本校は,先生方を全体で育てていこうという雰囲気のある学校です。
 

10月11日 県展に9作品出展!

10月11日 第63回茨城県児童生徒科学研究作品展つくば市展において,9作品が金賞を受賞しました。そのすべての作品が県南地区展で金賞となり,県展出展が決定しました。27日に茨城自然博物館で行われる「ミニ博士によるミニ学会」に9作品10名が参加予定です。ご声援お願いします。
 

10月11日 始祖鳥のベルリン標本

10月11日 茨城自然博物館で始祖鳥のベルリン標本のレプリカ,オオトカゲの骨格標本等をお借りしました。2年理科の「生物の進化」の授業で使用します。始祖鳥のベルリン標本を授業で使うことができる本県は恵まれた環境です。
 

10月10日 入学者選抜実施要項の交付が始まりました

10月10日 涼しくなり,過ごしやすくなってきました。本校では,本日より願書等を含む入学者選抜実施要項の交付が始まりました。子どもたちは,来週末に行われるウォークラリーに向けて,体育の時間を2時間連続にして,歩行訓練を行っています。
 

10月10日 火災を想定した避難訓練


10月10日 9日,消防署や業者の方もお招きして,火災を想定した避難訓練を実施しました。避難経路の確認後,避難訓練,補助袋訓練,消火訓練を行いました。校長先生がおっしゃったように訓練を「自分事」として行うことが,自分や仲間の命を守る事に結びつきます。自然災害など何が起こるか分からないと考え,これからも訓練を大切にしてくださいね。
 

10月9日 素敵なギャラリー「寒露(10月8日頃)」

10月9日 素敵なギャラリー「寒露(10月8日頃)」の切り絵です。草花に降りた露が寒さで凍ってしまいそうになる時期とのことです。しかし,まだ暖かい日が続き,海水温も高いため,今週末に猛烈な台風が来る可能性がとても高くなっています。雨や風対策をしっかり行わなければなりません。
 

10月9日 国体ハンドボール競技補助員


10月9日 7日までの5日間,女子ハンドボール部15名が守谷,常総,坂東市で行われた茨城国体ハンドボール競技の競技補助員として参加しました。坂東市のゆるキャラ「ねぎ爺」「将門くん」になったり,試合の実況やオフィシャルをしたり,表彰式の手伝いをしたりなど活躍しました。茨城ハンドボールは成年男子女子とも決勝にすすむなど,素晴らしい結果も出しています。
 

10月8日 SSHハワイ島海外研修現地5日目


10月8日 SSHハワイ島海外研修現地5日目 ハワイ火山国立公園でハワイ大学の植物学者の指導を受けながら,ハワイ島固有種の観察や植生分布調査など行いました。
~今日の一句~ メンバーと すこしは仲良く なれたかな 異国の地での 共同作業

本日の夕方,真っ黒に日焼けしたメンバーが戻ってきました。とても楽しかったと満面の笑みで話してくれました。
 

10月7日 金メダル5つ!


10月7日 6年次佐藤友花さんがインド(バンガロール)で行われた10th Asian Age Group Championships 2019(9月29日~10月2日)に出場し,金メダルを5個も獲得してきました。AS(アーティスティックスイミング)のデュエットフリー,チームテクニカル,チームフリー,フリーコンビネーション,ハイライトルーティーンで優勝しました。ブログ担当は世界レベルの大会の金メダルをこんなにたくさん見たのは初めてで感動しました。
 

10月7日  SSHハワイ島海外研修現地4日目



10月7日 SSHハワイ島海外研修現地4日目 ハワイ大学で講義してくださった先生のご指導の下,世界遺産に認定されているキラウエア火山国立公園で火山や溶岩地形などの観察を1日かけてまわりました。溶岩トンネルやクレーター,ペレの涙や髪の毛を観察しました。地球の偉大さ,息吹を感じた1日でした。下の写真は,ハワイ州鳥のネネで,会うことができました。~今日の一句~ハワイ食 だいたいいつも 腹限界
 

10月6日 SSHハワイ島海外研修現地3日目



10月6日 SSHハワイ島海外研修現地3日目 2日目にハワイ大学のヒロ校で施設見学と授業聴講をしました。火山学はハワイ島がどのようにしてできたかや溶岩の違い,カルデラについてでした。そして,3日目,実際に火山岩や火山,溶岩を観察しました。
~今日の一句~ 車窓から 見える景色は 別惑星
 

10月5日 SSHハワイ島海外研修現地2日目



10月5日 SSHハワイ島海外研修現地2日目 レインボー・フォールズやアカカ・フォールズ州立公園に行き,様々な植物を観察しました。ハワイ島は行く場所ごとに気候や植生が全く違うので,観察がとても面白いです。さらにマウナ・ケア山頂のジェミニ天文台も見学しました。
 

10月5日 3日の防災教室



10月5日 3日に国土交通省国土技術政策総合研究所の先生をお招きして,1年次生対象の防災教室を行いました。前半は防災のお話を聞きました。その後,グループに分かれ,学校を避難所にした場合,居住スペースやトイレなどをどこに設置したらよいかというワークショップを行いました。防災意識を高まった2時間となりました。
 

10月4日 茨城国体またまた山蔦さん活躍!

10月4日 2日の茨城国体において,4年次山蔦桜子さんが少年自由演技馬場馬術において,準優勝しました。愛馬トゥルバドゥールと息を合わせて演技を行いました。9月29日の全国優勝,2日の準優勝と大活躍です。
 

10月4日 SSHハワイ海外研修現地1日目



10月4日 SSHハワイ島海外研修現地1日目 現地ガイドの長谷川さんと合流し,ハワイ固有種・在来種と外来種等の観察を行いました。日本には見られないような青い空ですね。
 

10月3日 茨城国体競技補助員



10月3日 茨城国体の競技補助役員として,開会式やつくば市で行われるアーチェリーに5年次生徒,常総市・守谷市などで行われるハンドボールにハンドボール部員が参加します。朝から元気いっぱいの生徒たちです。たいへんだと思いますが,2日間大会のお手伝いをよろしくお願いします。
 

10月3日 筑波大学附属病院見学

10月3日 2日に医科コースの取組として,筑波大学附属病院見学会を実施しました。医学ゼミに属している中の13名の生徒が参加しました。最初に集中治療室,ヘリポート,救急救命室,日本で初めての装置であるMRIつき手術室などを見学しました。実際に行われている心臓の手術も見学しました。その後,附属病院の先生から大学における初期研修に関するお話がありました。医学ゼミの生徒は,医師になりたいという想いがさらに強くなったようです。
 

10月2日 SSHハワイ研修出発



10月2日 SSHハワイ研修が今日から始まります。4,5年次生10名がSSHハワイ研修に先ほど出発しました。ハワイ研修は,火山,植生,宇宙など教科書や授業の中で学ぶことのできない「本物」を見たり,聞いたり,体験したりできる素晴らしい研修です。10名のみなさん 大いにハワイの自然を満喫し,楽しみ,学んできてください。いってらっしゃい。
 

10月2日 生徒会主催募金活動

10月2日 「令和元年台風15号千葉県災害 」により被害に遭われた皆さまには,心よりお見舞いを申し上げます。
 台風15号千葉県災害への支援募金を本校生徒会中心に行っております。生徒昇降口で自主的に生徒会メンバーが立ち,募金を呼びかけております。
 

10月1日 30日の終業式と表彰式


10月1日 昨日,前期終業式と表彰式が行われました。校長先生より,「ALはなぜ学力がつくのか」というお話と「栄光の架橋」の歌がありました。伴奏は弦楽アンサンブル部の皆さんでした。
表彰式は以下の生徒が壇上で表彰されました。
・日本植物学会高校生ポスター発表最優秀賞 5年次生
・SSH生徒研究発表会ポスター発表賞 6年次生
・高校生バイオサミット慶應義塾賞 6年次生
・日本生物学オリンピック銅賞 6年次生
・英語インタラクティブフォーラム茨城県大会県知事賞 3年次1名,2年次3名,県議会議長賞 2年次生
・茨城県吹奏楽コンクール高等学校の部金賞と朝日新聞社賞 吹奏楽部
・NHK杯全国中学校放送コンテストアナウンス部門入選 3年次生
・つくろう料理コンテスト高校生の部最優秀賞 6年次生
・茨城県中学生新人テニス選手権大会女子ダブルス準優勝 2年次生と1年次生
          が表彰されました。どの部活も生徒も素晴らしい活躍です。
 

9月30日 国体で馬術少年馬場馬術V

9月30日 国体で馬術少年馬場馬術V。今日の茨城新聞や読売新聞で大きく掲載され知っている方も多いと思います。4年次山蔦桜子さんがいばらき国体の馬術少年馬場馬術で優勝しました。3年間苦楽をともにした愛馬トゥルバドゥールとともに勝ち取りました。学校生活と馬術との両立も含め,たいへんよく頑張りました。おめでとうございます!
 

9月30日 素敵なギャラリー「秋分(9月23日頃)」

9月30日 素敵なギャラリー「秋分(9月23日頃)」の切り絵2作品目です。今週はいばらき国体に後期生が補助スタッフとして参加したり,先生方が役員として参加したりしているため,国体一色の一週間になりそうです。
 

9月27日 「本物に触れる!」イカ解剖

9月27日 2年次理科授業で,イカの解剖を行いました。外形と内臓の観察,スケッチをしました。生徒たちはたいへん熱心で,目からレンズを取り出したり,口から胃までの消化管を取り出したりとじっくり観察をしておりました。オキシドールをかけたとき,エラが真っ青になったのを見て驚いていました。
 

9月27日 「本物に触れる!」イカ入荷

9月27日 2年次の理科で観察,解剖するイカが入荷しました。とてもきれいなイカです。生徒たちは,今週観察したアジと比較しながら,イカの解剖を通して,脊椎動物と無脊椎動物の相違点を見いだしてくれるでしょう。
 

9月27日 素敵なギャラリー「秋分」

9月27日 素敵なギャラリー「秋分(9月23日頃)」の切り絵と彼岸花です。彼岸花は彼岸の頃に咲く花です。お彼岸は秋分を中日とし,前後各3日を合わせた7日間のことをいいます。近頃,吹く風が涼しくなり,空も高くなり,秋が来たと感じるこの頃です。
 

9月26日 水球部また活躍!



9月26日 上2枚の写真は11日の第74回国民体育大会水球競技のようすです。選手4名と大会補助員として水泳部が大活躍しました。下の写真は,21日に行われた茨城県新人大会のものです。何と茨城県で優勝という素晴らしい結果をおさめました。おめでとうございます。
 

9月25日 本物に触れる! アジ編

9月25日 理科の授業「本物に触れる!」で,今週は動物のまとめとして,アジの解剖を行っています。アジの心臓,消化器官などを丁寧に観察し,スケッチしました。来週はイカの解剖です。
 

9月25日 つくば市新人体育大会卓球の部また活躍!



9月25日 20日に行われたつくば市新人体育大会卓球の部個人戦の結果です。男子シングルスの部3位,5位,27位の3名,男子ダブルスの部9位1組です。以上の選手たちが県南大会進出します。県南大会も応援しています。
 

9月24日 茨城県高等学校総合文化祭「囲碁大会」優勝!


9月24日 21日に茨城県高等学校総合文化祭「囲碁大会(9路大会)」が水戸第一高等学校で行われ,4年次6名が参加しました。決勝リーグに1名がコマを進め,6連勝し,見事優勝を果たしました。この結果,1月に行われる関東地区高等学校囲碁選手権大会の出場権を得ることができました。素晴らしいです。おめでとうございます。
 

9月20日 つくば市新人戦 軟式野球部優勝!

9月20日 今週,行われているつくば市新人戦で並木中等開校12年目にして初のうれしい結果が出ました。1つ目は,軟式野球部が優勝。2つ目は,女子バレー部が3位になったことです。昨日,結果報告を聞いて,職員室の先生方も大喜びでした。他にも,卓球部は団体3位,サッカー部は団体3位,剣道部男子団体3位という素晴らしい結果が出ています。上記の部活動は県南大会出場決定です。男子バスケットボール部はリーグ戦を突破し,トーナメント戦で惜敗でした。本日も女子剣道団体など新人戦が続きます。ご声援お願いします。
 

9月19日 素敵なギャラリー「白露(9月8日頃)3」

9月19日 素敵なギャラリー「白露(9月8日頃)」の切り絵3作品目です。今週は市新人戦が行われています。本日も生徒たちは朝早くからバスに試合会場に向かっています。現段階で女子バレー部,サッカー部,野球部,卓球部が県南大会出場を決めております。今日と明日,日頃の練習の成果を発揮して,頑張って下さいね。
 

9月18日 科学の甲子園ジュニア全国大会 7年連続出場ならず

9月18日 科学の甲子園ジュニア県大会の結果が出ました。今年は残念ながら全国大会に出場することはできませんでしたが,楓チームが筆記競技で1位をとることができました。選手達は,来年度や高校生大会に向けて頑張ると意欲を見せてくれました。県大会の実技競技を来週、再度やってみることになっています。選手の皆さん お疲れさまでした。
 

9月18日 国体で水球の選手もよく頑張りました

9月17日 11日の第74回国民体育大会水泳競技水球のようすです。一回戦で本校生徒4名が所属する茨城県チームは岐阜県と戦いました。二回戦に進むことができませんでしたが選手達はベストを尽くして戦いました。お疲れさまでした。選手以外にも大会補助員として,本校生徒が活躍しました。
 

9月17日 日本植物学会




9月17日 15日の日本植物学会第83回大会(東北大学川内北キャンパス)の高校生研究ポスター発表会に5年次生が参加しました。多くの研究者の方に様々なアドバイスをしていただき,課題も見えてきました。これからの研究を進めていく上でとてもプラスになる大会でした。表彰式で,全高校生のポスターの中で5つ選抜される優秀賞をいただき,さらに,その中から1つ選ばれる最優秀賞もいただくことができました。とてもうれしく,これからの研究の励みにもなります。学会後,東北大1年の科研OBと会い,大学の様子など多くの話を聞くことができました。
 

9月17日 SDGs


9月17日 1年次の総合的な学習の時間のようすです。ユネスコスクールであるためSDGsを大きなテーマとして取り上げ,探究を行っています。ワールドカフェ方式を取り入れ,自分の意見を言ったり,意見や知識を共有したりして,どのクラスもたいへん盛り上がっていました。SDGsについて,みんなが問いを持ち,意見を述べ,深く掘り下げて議論しているようすが素晴らしかったです。
 

9月14日 アーティスティックスイミング





9月14日 6年次佐藤友花さんの第74回国民体育大会水泳競技アーティスティックスイミング(12日)のようすです。美しさ,力強さ,息を合わせた演技 たいへん素敵ですね。
 

9月13日 佐藤さん国体7位入賞

9月13日 国体7位入賞。12日のNHKでも放映されたためご存じの方も多いと思いますが,6年次の佐藤友花さんが第74回国民体育大会水泳競技アーティスティックスイミングで第7位に入賞しました。リフトも成功し,素敵な演技でした!おめでとうございます。
 

9月13日 挨拶運動

9月13日 挨拶ってとても大切!今日も朝から生徒会長が昇降口に出て,元気に挨拶運動をしています。生徒会長の元気な挨拶を受け,並木生も元気をもらっています。明るい挨拶の声が学校全体に響く学校になっていくといいですね。
 

9月13日 中秋の名月


9月13日 「中秋の名月」です。素敵なギャラリーにはススキと栗が飾られております。横に目を移すと,国立天文台の中秋の名月(2019年9月)の「ほしぞら情報」まではってくださっていました。右上には,お月様が!本日,夜遅くには天気も良くなり,満月が見られるようです。お月見団子を作らなくてはと思っているブログ担当でした。
 

9月12日 1年次道徳

 
 
9月12日 1年次道徳の授業のようすです。A組からD組まで同じテーマで行っていますが,進め方や椅子の配置は担任の先生方によって,異なります。どのクラスも生徒たちが積極的に意見を述べたり,話し合ったりし,盛り上がっていました。
 

9月11日 本物に触れる!

9月11日 前期の理科授業は「本物に触れる!」を目指し,実験・観察中心で行っています。2年次生は先週,目の構造やはたらきを理解するために,ブタの目の解剖を行いました。解剖を通して,さまざまなことを発見,理解したようです。iPadで記録し,さらにスケッチも行いました。
 

9月10日  素敵なギャラリー「白露(9月8日頃)」

9月10日 素敵なギャラリー「白露(9月8日頃)」の切り絵です。暑さも少しずつおさまりはじめ,草花に朝露がつき始める時期だそうです。ただ,記録的な暴風雨を伴った台風15号の影響で今日も暑さが続いています。みなさん 熱中症に注意してくださいね。
 

9月9日 IBARAKI ドリーム・パス




9月9日 7日に県教育委員会が主催である「IBARAKI ドリーム・パス」に本校生徒5チーム,7名(3年次4名,4年次3名)が選出され,7日に認定式とオリエンテーション,企画等が行われました。4年次生チームのテーマは「機械学習を用いたモーショントレースシステムの開発」です。写真下左は本校生徒のメンターの筑波大大学院生です。これから1月まで,企画したプロジェクトを実践するための段階に進んでいきます。
 

9月6日 スポーツデイ






9月6日 並木の三大行事の1つであるスポーツデイが本日行われました。どの年次も一週間前から練習を始め,気合い十分であった当日。日光が強く,暑かった!それにも負けず,生徒たちは思いっきり競技に取り組み,楽しんでいました。友情とクラス団結を実感した一日となりました。
 

9月5日 哲学対話


9月5日 3年次生国語の津田先生の授業で「哲学対話」を行っています。大テーマは 「戦争」です。そこから生徒が問いを考え,哲学対話をしています。3年次生は11月に広島・京都平和研修に行くため,総合的な学習の時間,道徳,英語,社会などの授業で,教科横断的な平和学習を実施しています。「平和の定義~平和な国は存在するのか~」「なぜ日本の教科書には戦争について,日本に有利に書かれていないのか」など生徒が素朴に疑問に感じたことを話しながら,考え,深めていました。
 

9月5日 スポーツデイの練習



9月5日 スポーツデイに向けての熱い練習が今週,全年次で行われています。どの年次も朝から体育館や運動場で練習をしています。行事に熱い「おもい」をもって,クラス一致団結して(主任,担任,副担任の先生方も外に出て一緒に!),一生懸命,楽しく取り組むことができるのが並木中等生の素晴らしいところです。
 

9月4日 国体出場選手・東関東吹奏楽コンクール壮行会




9月4日 3日に水球部4名,アーティスティックスイミング1名の国体参加選手計5名と吹奏楽部の東関東吹奏楽コンクール出場の壮行会が行われました。国体選手と吹奏楽部部長の挨拶,生徒会長と校長先生からの激励の言葉がありました。その後,吹奏楽部がコンクール曲「復興」を演奏し,体育館全体が壮大な素晴らしいハーモニーにつつまれました。校長先生から全校生徒へお話があったように,本校から馬場馬術少年の部に4年次生も出場します(一番下の写真)。
出場のみなさん 学校全体で応援しています!頑張ってください!
 

9月3日 素敵なギャラリー「処暑(8月23日頃)」Ⅱ

9月3日 素敵なギャラリー「処暑(8月23日頃)」の切り絵2作品目です。今週はスポーツデイが行われるため,生徒たちは昼休み,放課後などクラス単位で集まって練習をしています。2年次生は朝練を2日から始めています。素晴らしい団結力です!
 

9月2日 科学の甲子園ジュニア茨城県大会




9月2日 1日実施の科学の甲子園ジュニアの茨城県大会に本校代表生徒12名(楓・颯の2チーム)が参加しました。県大会では,12校,15チームが競い合いました。7月に行われた茨城県大会予選の参加者が2万人を超えたそうです。その中で選ばれるとは大変光栄なことです。開会式では,昨年度全国大会に出た楓チームのリーダーが優勝カップを返還しました。閉会式では,「実技も筆記も楽しく,科学の面白さを体験することができた。」「チームワークの大切さが分かった。」等代表者が発表しました。結果がわかるのは,9月中旬頃のようです。
 

8月30日 科学の甲子園ジュニア参加メンバー


8月30日 9月1日の科学の甲子園ジュニア県大会出場メンバーです。校内予選で選ばれました。写真上が颯チーム(1年次4名・2年次2名)と下が楓チーム(2年次生6名)の選手たちです。「颯(はやて)」は今年のかえで(楓)祭のテーマです。ラーニングコモンズに集まって勉強会を行うなど,大変意欲が高く元気なメンバーです。県大会が楽しみです。
 

8月29日 茨城ゆめ国体結団式と土浦市長表敬訪問



8月29日 27日に水球茨城県代表選手の土浦市長表敬訪問と「いきいき茨城ゆめ国体」の結団式が行われました。水球表敬訪問には,水泳部(水球)の6年次生1名,5年次生2名,4年次生1名が参加しました。午後に,水戸市のアダストリアみとアリーナで選手団の結団式と壮行会が行われ,水球4名と水泳部6年次生(アーティスティックスイミング)が参加しました。地元開催となります。全校あげてご活躍を応援しています!
 

8月28日 科学の甲子園ジュニア茨城県大会に出場します!



8月28日 9月1日に行われる科学の甲子園ジュニア県大会に向けて,練習会を夏休みに何回か行ってきました。本校から,楓チーム(2年次生6名)と颯チーム(1年次生4名,2年次生2名)が県大会に出場します。県大会で優勝し,茨城県代表として7年連続全国大会に出場できるよう応援お願いします!選手も教員も頑張ります!!
 

8月27日 生徒の元気な声が戻ってきました


8月27日 いよいよ学校が始まりました。夏の部活動で日に焼けた生徒たちが多く見られました。前期生の1時間目の学活では夏休みの課題の回収,その後通常授業が行われました。後期生は,本日より定期テストⅢが始まりました。
 

8月27日 卓球部 また大活躍!


8月27日 卓球部がまた大活躍2!!25日に茨城県県南地区団体強化錬成大会が行われ,2年男子と1年男子の2チームが出場しました。2チームとも予選リーグを勝ち上がり,決勝トーナメントへ進み,2年男子が10位,1年男子が2位となりました。1年男子は11月と3月に行われる県大会へ出場します。おめでとうございます。
 

8月26日 硬式テニス部も活躍!

8月26日 硬式テニス部県大会準優勝!本日,笠松運動公園にて第36回茨城県中学生新人テニス選手権大会が行われました。女子ダブルス(2年次・1年次ペア)が熱戦を制し,準優勝することができました。おめでとうございます。
 

8月26日 卓球部また活躍!


8月26日 卓球部,また大活躍!!前期生:23日に全日本卓球選手権大会ジュニアの部茨城県大会県南地区予選会が行われ,男子シングルスの部において,3年次生1名が敗者復活戦を勝ち上がり,県大会出場が決定しました。後期生:21日,23日に同上県西地区予選会の男子シングルスの部において,4年次生1名が敗者復活戦を勝ち上がり,県大会決定。さらに,男子ダブルスの部1ペアがベスト16で県大会決定を決めました。
 

8月23日 素敵なギャラリー「処暑(8月23日頃)」

8月23日 素敵なギャラリー「処暑(8月23日頃)」の切り絵です。「処暑」は漢字の通り,「夏が過ぎる頃」を意味しています。いよいよ来週から授業が始まります。笑顔一杯の生徒たちに会えることがとても楽しみです。
 

8月22日 卓球部大活躍!



8月22日 21日全日本卓球選手権大会カデットの部茨城県大会県南地区予選会が行われました。男子ダブルスの部 第2位,13才以下男子シングルスの部 第4位という素晴らしい成績をおさめ,県大会への出場を決めました。卓球部は県大会出場常連部です。生徒たちも日々の練習を楽しく夢中に取り組んでおります。
 

8月21日 インタラクティブフォーラム大健闘!

8月21日 インタラクティブフォーラム大健闘!茨城県大会が筑波学院大学で行われました。中学校2年Aの部に2人,3年Aの部に1人,中学校Bの部に2年生が2人出場しました。日頃の国際教育や英語の授業の成果を発揮し,2年生3人と3年生1人が県知事賞(1位),2年生1人が県議会議長賞(2位)を受賞しました。おめでとうございます!
 

8月20日 素敵なギャラリー「立秋(8月7日~23日頃)」

8月20日 素敵な素敵なギャラリー「立秋(8月8日~23日頃)」の切り絵です。立秋というもののまだまだ暑い日が続いています。生徒たちは19日より始まった課外授業を元気いっぱいに受けております。
 

8月20日 課題解決週間

8月20日 今週1週間は課題解決週間です。全年次で課外授業などを実施しています。各教室から,生徒たちの元気いっぱいの声が聞こえてきます。後期生はいよいよ27日から定期テストが始まります。夏休みもあと1週間,大切に過ごしてくださいね。
 

8月19日 ウォークラリー下見

8月19日 10月19日に行われるウォークラリー2019の下見を実行委員やPTA役員の保護者の方,教員で行いました。スタート地点の霞ヶ浦ふれあいランドから各ルートをまわり,小休止地点や昼食地点,夕食地点等の確認を行いました。
 

8月10日・12日 吹奏楽コンクール県大会



8月10日・12日 最優秀団体に送られる朝日賞受賞!吹奏楽コンクール県大会が行われ,中学校B部門と高校B部門に出場しました。中学校B部門では,松下倫士作曲「哀歌『佐渡情話』の物語によるバラード」を演奏し,銀賞を受賞しました。高校B部門では,保科洋作曲「復興(2015年改訂版)」を演奏し,金賞で県代表となることができました。また,最優秀団体に贈られる朝日賞を受賞し,東関東吹奏楽コンクール出場が決定しました。
 

8月10日 サイエンスメンタープログラム



8月10日 第7回サイエンスメンタープログラム研究発表会と修了式が多摩永山情報教育センターで行われました。日本科学協会のサイエンスメンタープログラムは,専門家(メンター)の助言を受けて研究をすすめることのできる恵まれたプログラムです。5年次生が採択され,1年間,環境研の中嶋先生(下の写真右)の指導を受けて,研究をすすめました。全国から14名の高校生が集まり,様々な分野で発表をしました。
 

8月8日 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会その3



8月8日 SSH生徒発表会2日目でした。全体発表校による口頭発表,ポスター発表,表彰式が行われました。本校は、ポスター発表賞を受賞しました。よく頑張りました。発表された時のガッツポーズに,苦労や困難を乗り越え研究をやってきたからこそ感じる大きな喜びが表れていました。
 

8月7日 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会その2



8月7日 SSH生徒研究発表会1日目でした。開会式,京都薬科大学名誉教授桜井弘先生の基調講演「周期表誕生150年 メンデレーエフの努力と天才」,ポスター発表,全体発表校6校の選出が行われました。ポスター発表は,5時間半という長丁場でしたが,6年次生は審査委員の前でも堂々と自分らしくプレゼンすることができました。隣のブースはドイツから来た高校生たちでした。全国のSSH校(213校)の生徒たちだけでなく,海外(10ヵ国)からきた高校生と交流ができることも,生徒発表会の楽しいところです。
 

8月6日 スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会



8月6日 スーバーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会が7日,8日に,神戸国際展示場で行われます。6年次生と5年次生,大村先生で神戸入りし,ポスター発表の準備をしました。6年次生が本校代表として,「赤色LEDが蚕の幼虫の成長に及ぼす影響」で発表します。今まで研究してきた成果を発揮してほしいと思っています。
 

8月3日 学校説明会







8月3日 ノバホールでの学校説明会が終了しました。たくさんの小学生,保護者のみなさま ご来場ありがとうございました。
 また,発表者,受付や誘導のお手伝いをしてくれた生徒のみなさん,吹奏楽部,弦楽アンサンブル部,文芸部,生徒会の生徒のみなさんのおかげで良い学校説明会となりました。ありがとうございました。
 

8月2日 インタラクティブフォーラム県南大会

8月2日 1日に英語インタラクティブフォーラム県南大会に本校生4名(2年次2名,3年次2名)が出場しました。優れたコミュニケーションの能力を発揮することができました。3名が県大会出場を決めました。県大会も頑張ってくださいね。
 

8月1日 4年次ニュージーランド語学研修



8月1日 4年次生ニュージーランド語学研修は,ホームステイ期間となっています。各学校で,ESOL(並木生だけの英語の授業)やバディと一緒に授業や学校生活の体験をしています。
 

7月31日 バイオサミットで入賞


7月31日 「第9回高校生バイオサミットin鶴岡」で6年次生が慶應義塾賞を受賞しました。6年次生は今までカイコの研究を継続して行ってきており,その中で青色光のカイコへのある影響を発見し,その成果等を発表しました。6年次生は,8月7日8日に神戸で行われるSSH生徒研究発表会でも本校代表として発表します。
 

7月29日 さが総文祭2019



7月29日 文化部のインターハイである第43回全国高等学校総合文化祭(2019 さが総文)が佐賀県で行われました。本校からは茨城県代表として,放送同好会,将棋部,科学研究部が参加しました。科学研究部の5年次生2名は自然科学部門(佐賀大学)に参加しました。全国からの高校生と交流することもできて充実した2泊3日を過ごせたようです。
 

7月27日 4年次生ニュージーランドファームステイ






7月27日 4年次ニュージーランド語学研修 ファームステイ先でのようすです。ニュージーランドの広大で美しい景色の中,さまざまな体験をして自然を満喫しています。
 

7月25日 4年次生ニュージーランドへ出発




7月25日 4年次生149名がNZに向けて出発します。25日から8月7日までNZにて,語学研修を行います。成田空港に集まっている生徒たちのようすを見ると,不安よりも喜びいっぱいという感じです。充実した2週間を送ってきてくださいね。いってらっしゃい!
 

7月25日 前期女子ハンドボール県ベスト8



7月25日 前期女子ハンドボール県ベスト8に入りました。県南大会で3位となり,24日と25日に坂東市総合体育館で行われた県大会に出場しました。生徒たちは練習の成果を発揮して,よく頑張り,本校女子初の県ベスト8に入ることができました。
 

7月24日 保護者面談

7月24日 23日から25日まで保護者面談が行われています。全年次の保護者に来校していただいております。お忙しいところ,来校していただき,どうもありがとうございます。生徒たちは部活動や学校説明会のリハーサル,自学習などで登校し,頑張って活動しています。急に暑くなってきました。部活中,水分と塩分をしっかりとってくださいね。
 

7月23日 月間水泳7月号

7月23日 「月刊水泳7月号」に6年次生が所属していたアーティスティックスイミング(AS)の記事が載っていました。「ナショナルBチーム,世界で健闘!」でスペイン・バルセロナで行われたFINA ASワールドシリーズ第8戦での試合のようすでした。上の写真は壮行会のようすです。
 

7月22日 ネット配信による全校集会




7月22日 ネット配信による全校集会と大掃除が行われました。全校集会では,生徒会認証式,表彰式,壮行会,校長先生のアクティブ・ラーニング講話,生徒指導部長講話等が行われました。
 表彰式では,全国中学ビブリオバトル決勝大会準優勝,関東陸上競技大会100mH5位,県中学校陸上競技大会男子走高跳第2位,文部科学大臣杯中学校将棋団体戦茨城県大会優勝,茨城県高等学校将棋春季大会女子個人戦2位などブログには書ききれないほど多くの表彰がありました。
 壮行会は,囲碁部の文部科学大臣杯全国高校囲碁選手権大会1名,将棋部の総合文化祭兼全国高等学校将棋選手権大会1名,文部科学大臣杯中学校将棋団体戦東日本大会団体戦3名,陸上部の関東中学陸上競技大会1名,科学研究部の総合文化祭1名,ワールドスカラーズカップ世界大会1名に全校生徒からエールを送りました。
 校長先生の「アクティブ・ラーニング2019」講話では,どの教室も話を聞いて,考えたり,一緒にALサインをつくったりし,盛り上がっていました。
 いよいよ明日より生徒たちが楽しみにしている夏休みが始まります。自分の幅を広げることのできる体験や心に残る思い出づくりを夏休みにしてほしいと思っています。
 

7月19日 PTA広報誌

7月19日 PTA広報員会編集の「TSUBASAつばさNo.83」が完成し,各家庭に配付されました。管理職の挨拶,入学式,教員紹介,かえで祭などさまざまな記事と写真が載っており,本校の生徒のようすが伝わる素晴らしい冊子です。並木ブログも「つばさ」を見習って,本校の良さがお伝えできるように頑張ろうと思います!
 

7月18日 手羽先の解剖



7月18日 2年次理科の授業で,手羽先の解剖を行いました。骨と筋肉が連動して,手が動くしくみや腱などを観察をすることを目的としています。生徒たちは熱心に解剖をし,ある部分の2つの筋肉を交互に引っ張ると,手が開いたり,閉じたりすることを発見し,大喜びでiPadで動画を撮っていました。
 

7月17日 3年次保育実習

7月17日 16日と17日に,3年次生を対象に保育実習を実施しました。技術・家庭科で保育分野を学んでいる生徒に,保育所で子どもとふれあう学習を通して豊かな心をはぐくみ,子どもを産み育てることの重要性や生命の尊さ等を学ぶことがねらいです。生徒は一生懸命保育園児と遊んでおりました。
 

7月16日 素敵なギャラリー「小暑」

7月16日 素敵なギャラリー「小暑(7月7日頃)」の切り絵です。本校の近くの土浦市は,生産量日本一のレンコンの産地です。WRでも歩いた霞ヶ浦湖畔には,この季節になると,ハスの花が咲き乱れ,素晴らしい景色が広がります。
 

7月12日 セレクト給食


7月12日 セレクト給食でした。バニラアイス,ブドウシャーベット,ミカンシャーベットから事前に食べたいアイスクリームの希望調査を行い,今日の給食のデザートとして,自分の選んだ希望していたアイスクリームを食べました。低年次ほどバニラアイスクリームの希望が多いという傾向がありました。
 

7月12日 教育関係者学校説明会


7月12日 教育関係者対象の説明会を行いました。90名以上の方にお越しいただきました。本校のアクティブ・ラーニングを見ていただきました。
 

7月11日 1年次レクリエーション

7月11日 第1回1年次レクリエーションが6時間目に行われました。1年次実行委員が委員会を開催して,企画や準備,当日の運営を行いました。「ブルーシート裏返し競争」「人間知恵の輪」のレクリエーションををクラスの枠を超えて楽しく行いました。
 

7月11日 管理栄養士の先生方の給食時訪問指導


7月11日 つくば市管理栄養士の先生方の給食時訪問指導が行われました。先生方からスポーツ栄養と熱中症対策の水分補給の大切さの話などをお聞きしました。筑波学校給食センター(昨年度,9回生が見学に行き,栄養士さんのご苦労が分かりました)で栄養バランスを考えて,つくってくださっていることに感謝をして,給食を食べていきたいと思っております。
 

7月10日 医学ゼミ



7月10日7時限目 医学ゼミにおいて,講演会が行われました。理数探究の各ゼミの活動と同時並行で実施しました。医学ゼミは,医学コースを考えている3年次から5年次までの生徒たちで構成されています(今回は6年次生も参加)。筑波大学医学医療系の前野先生をお招きして,「なりたい『医者』になろう」というタイトルで講演を聴きました。総合診療医の視点で興味深いお話があり,医師を志す生徒たちにとって,とても心に響いたようです。
 

7月10日 生徒会立会演説会と選挙


7月10日 ライブ配信による生徒会立ち会い演説会と投票が行われました。例年7月は体育館に全校生徒が集まると気温が高くなり,熱中症等になる可能性が高くなります。よって,総合実践室(2年次生全員が集合)で行う演説会を各教室にライブ配信しています。生徒会立候補者の意欲に満ちあふれた演説や責任者の友想いの堂々とした演説が大変素晴らしかったです。
 

7月9日 英語インタラクティブフォーラム

7月9日 英語インタラクティブフォーラムつくば市大会が行われ,2年次生2名,3年次生2名が計4名の生徒が本校代表として出場しました。代表者は,英語の授業でディスカッションを学習し,練習をし,各年次での大会で選ばれた生徒たちです。決勝に3名がすすみ,2年次生が市長賞をとることができました。4名ともインタラクティブフォーラムの県南大会に出場します。応援お願いします。
 

7月9日 科学の甲子園ジュニア 校内予選


7月9日放課後 科学の甲子園ジュニア校内予選が行われました。1・2年次生対象で,3教室において,274名の生徒(86%)が試験に挑みました。校内予選を参考に,県大会出場チームをつくっているので,受験生は一生懸命答案に向かっていました。本校は6年連続で県大会に優勝し,茨城県代表として,全国大会に出場しています。今年も全国大会に出場できたらと願っております。
 

7月9日 中国の50名の高校生が来校



7月9日 中国から高校生が50名来校し,3年次生と交流しました。歓迎セレモニーのあと,各クラスで折り紙をしたり,英語インタラクション活動を行ったりしました。歓迎セレモニーでは,本校生が空手演武や剣道模範試合を行い,中国からの高校生は写真を撮ったり,見入ったりしていました。交流では,3年次生と中国からの高校生は英語で会話をし,盛り上がっていました。
 

7月8日 素敵なギャラリー「小暑(7月7日頃)」

7月8日 素敵なギャラリー「小暑(7月7日頃)」の切り絵です。だんだん暑さが増していく小暑ですが,今年は涼しいです。本日は,雑誌や「教育いばらき」の取材が朝から夕方までありました。どんな記事になるか楽しみです。
 

7月5日 4・5年次大学出前授業


7月5日 4・5年次対象の大学出前授業が行われました。「先端生命科学」「植物生理学」「建築学」「心理学」など11分野の大学の先生が各教室で授業を行ってくださいました。高校の授業では学ばない最先端の研究内容を聞くことでき,大学の授業の面白さをかいま見ることができました。生徒も身を乗り出して聞いていました。
 

7月5日 1年次保護者懇談会

7月5日 1年次生の保護者懇談会が行われました。年次懇談会,学級懇談会のあと,本校のスクールカウンセラー稲垣先生より,保護者向けに「思春期の子をもつ親として」というタイトルで講演が行われました。
 

7月5日 2年次校外学習

7月5日 キャリア教育の一環として2年次校外学習が行われました。東京で,実際に働いている人を見たり,お話を聞いたりして,働くことの必要性や「働く」ということを自分なりに考えるために実施しました。Yahoo!Japan,学研,警視庁,農林水産省,東京税関など15箇所の中から希望する2箇所を午前と午後に分けて,訪問しました。写真は学研を訪問したときのようすです。
 

7月5日 性教育講演会

7月5日 7月4日5時間目,4年次生対象の「性教育講演会」が実践室で行われました。「思春期と健康」「感染症とその予防」「生涯を通じる健康」など身体の成長や性感染症等の科学的知識を身につける取組を行いました。
 

7月5日 教員対象の食物アレルギー研修


7月5日 7月2日放課後,教員対象の食物アレルギー研修を行いました。つくば市より講師の先生をお招きし,食物アレルギーの講話をお聞きしました。給食等でアナフィラキシーショックを防ぐ方法,万が一起こったときにどう対応するか,エピペンの使い方,実際にショックを起こした生徒がいたとき,教職員はどう対応するかなどシミュレーションをしながら,学習しました。
 

7月4日 世界大会・インターハイなど壮行会


7月4日 世界大会,インターハイ等の壮行会が体育館で行われました。
 ・水泳部の水球,水泳女子50m自由形,女子100m平泳ぎ→関東大会
 ・アーティスティックスイミング→世界大会と国体
 ・陸上競技部の女子100mハードル→インターハイ
 ・放送同好会→さが総文祭と全国高校放送コンテスト
 陸上インターハイ出場の生徒が壇上で話した「私をハードルに導いてくれた今村先生をインターハイに連れて行くことができてうれしい。」という言葉や,校長先生の「並木中等生は勉強だけでなく,部活動や『科学の甲子園』をはじめ,各種イベントに主体的・積極的に取り組むことが素晴らしい。そのようなチャレンジへの『道のり』がみなさんの大きな宝物になります。」という話が心に残りました。
 

7月3日 はじめての定期テスト

7月3日 7月2日は1年次生にとって,初めての定期テストでした。小学校の時と違いテスト範囲が広いので,勉強方法にとまどったかもしれません。自分なりにベストを尽くせましたか?ただ,1年次生はテストの結果に一喜一憂するのではなく,学習のやり方の見直しに生かすようにしてください。写真はテスト前の自主学習のようすです。
 

7月2日 素敵なギャラリー「半夏生(7月2日)」

7月2日 素敵なギャラリー「夏至 半夏生」の切り絵です。半夏生は夏至から11日目のことで,7月2日ごろのことをいいます。水辺に生息するドクダミ科の多年草のハンゲショウが今,見頃です。
 

7月1日 県南総体 総括編






7月1日 県南総体総括編 6月27日から昨日まで続いた県南総体が終わりました。サッカー部,卓球部,剣道部,ハンドボール部が出場し,どの部活の生徒たちも大変よく頑張りました。

剣道部女子団体:敗者復活戦で県大会出場決定
剣道部女子個人:2位で県大会出場決定

卓球男子団体:5位で県大会出場決定
卓球男子個人:ベスト16位,20位で2名が県大会出場決定

女子ハンドボール部:3位で,県大会出場決定
男子ハンドボール部:オープンで県大会出場
 

6月30日 茨城県選手権水泳競技大会50m平泳ぎ優勝

6月30日 茨城県民総合体育大会兼第70回茨城県選手権水泳競技大会において,6年次生が50m平泳ぎで優勝しました。おめでとうございます。
 

6月29日 各地区ごとのPTA支部総会

6月29日 各地区ごとのPTA支部総会が先週に引き続き,行われました。本校は「桜並木」,「つくばセンター」,「松代」,「谷田部」,「筑波」,「守谷」,「牛久」,「県南」,「土浦南」,「石岡土浦北」の10支部に分かれ,活動を行っております。全体会のあと,各支部会において,担当の教員を交えて,グループディスカッションを行いました。先輩保護者より1年次保護者へWRの準備物や学校生活の送り方などいろいろなアドバイスがあり,大変盛り上がっていました。
 

6月28日 素敵なギャラリー「夏至(6月22日)」


6月28日 素敵なギャラリー「夏至(6月21日頃)」の切り絵です。下の写真は「夏至」前の「芒種」の作品となります。アヤメ,ショウブ,カキツバタの違いは分かりますか。どれも,アヤメ科アヤメ属に属していますが,花の根元や生息場所,開花時期が違っています。2016年6月9日付「並木ドリーム第43号」で校長先生が解説してくれています。
 

6月27日 前期水泳部も大活躍!




6月27日 前期水泳部が19日20日と取手グリースポーツセンターで行われた県南水泳大会に参加しました。日頃の練習の成果を発揮し,多くの部員が県大会に参加することになりました。県大会も応援しています!
 

6月26日 国立能楽堂に行ってきました!


6月26日 一昨日,4年次生が渋谷区にある国立能楽堂を訪れ,国立能楽堂能楽鑑賞教室に参加しました。ニュージーランド語学研修に行く前に,ユネスコの無形文化遺産に登録されている日本の伝統文化の魅力に触れることを目的としました。午後は,キャリア教育の一環として,早稲田大学,上智大学など自分が興味のある私立大学の見学をしました。
 

6月25日 水泳部(水泳)関東大会出場決定2!




6月25日 笠松運動公園山新スイミングアリーナにて,6月22・23日に令和元年度全国高等学校総合体育大会水泳競技茨城県予選が行われました。6年次生が女子50m自由形4位,女子100m平泳ぎ3位となりました。どちらも関東大会出場標準タイムを切っているため,関東大会出場を決めました。おめでとうございます。応援しています!
 

6月24日 水泳部(水球)関東大会出場決定!




6月24日 水泳部(水球)が関東大会出場を決めました。23日に土浦第二高等学校プールを会場として,令和元年度全国高等学校総合体育大会水球競技茨城県予選が行われました。水泳部(水球)が決勝で土浦第二高等学校に勝ち,優勝しました。おめでとうございます。関東大会もみんなで一致団結し頑張ってください!
 

6月21日 つくば市総体 各部活の活躍フォト4








6月21日 つくば市総体での各部活の活躍フォト4
 活躍フォト4 本日はテニス部・ハンドボール部の写真です。
 

6月20日 陸上競技部初インターハイ出場!!

6月20日 6年次生がインターハイ出場することになりました。6月17日に行われた関東高等学校陸上競技大会北関東女子100mハードルで第5位に入賞しました。それにより,沖縄で行われるインターハイ(南部九州総体2019)に出場することになりました。並木中等開校以来,陸上競技部においてはじめてのインターハイ出場です。おめでとうございます!
 

6月20日 つくば市総体 各部活の活躍フォト3









6月20日 つくば市総体での各部活の活躍フォト3
 活躍フォト3 本日は剣道部・バスケットボール部の写真です。
 

6月19日 つくば市総体 各部活の活躍フォト2










6月19日 つくば市総体での各部活の活躍フォト2
 活躍フォト2 本日は陸上競技部・卓球部の写真です。
 

6月18日 つくば市総体 各部活の活躍フォト1















6月18日 つくば市総体での各部活の活躍フォト1
 卒業アルバムの業者さんより素敵な写真をいただきましたので,掲載していきます。18日はサッカー部・野球部・バレーボール部です。19日は陸上競技部・卓球部,20日は剣道部・バスケットボール部,21日は硬式テニス部,ハンドボール部を掲載予定です。
 

6月18日 つくば市総体 総括編

6月18日 つくば市総体において,各部活がたいへんよく頑張りました。12日から昨日(週末雨だったため,順延)まで続いたつくば市総体が終わりました。3年次生を中心としたチームで,どの部活もたいへんよく頑張りました。各部活の頑張りをお伝えします。陸上部と硬式テニス部(県大会)は別の日でした。

サッカー部:つくば市優勝。県南総体出場。
茗渓と決勝であたり,アディショナルタイムで追いつき,PK戦を制して,優勝しました。

卓球部:つくば市男子団体3位・個人(シングルス):6位・ベスト16位3名,27位1名,5名が県南総体出場。個人(ダブルス):4位・5位・14位(2組),4組が県南総体出場。

剣道部:女子団体準優勝,女子個人ベスト8 2名,県南総体出場3名

ハンドボール部:つくば市女子2位,男女とも県南総体出場。

陸上競技部:つくば市8位入賞者18名 3位までまとめます。2年男子100m第2位・共通男子走高跳第1位・3年女子100m第2位・共通女子1500m第3位・共通女子100mH第1位・共通女子100mH第3位・共通女子4×100mR第2位

野球部・バレーボール部・バスケットボール部・硬式テニス部(県大会)もたいへんよく頑張りました。
 

6月17日 G20の振り返り


6月17日 6月14日の5時間目,先日のG20での提言メンバーが提言内容を5年次集会で披露しました。6月8日(土曜日)の「G20貿易・デジタル経済大臣会合」での提言は英語のみの発表でしたが,今回は日本語も交えて行いました。3月の年次集会で現代社会の授業として年次約150名で提言案を出し合い,それをもとに6名のメンバーが今回の提言の形にしていったということもあり,発表を聞いている生徒たちも興味津々の様子でした。
 

6月14日 教育実習生最終日


6月14日 教育実習生の研究授業が行われました。教育実習生の3週間の実習期間が本日で終了するため,数日前より各実習生のまとめの研究授業が実施されました。多くの先生方が参観に行きました。その後,教科ごとに反省会が行われました。実習生の熱く一生懸命授業をしている姿を見て,私たち教員も良い刺激を受けました。
 

6月13日 素敵なギャラリー「芒種(6月6日)」



6月13日 素敵なギャラリー「芒種(6月6日)」の切り絵です。一番下の写真は「芒種」前の「小満」の作品となります。梅雨も始まり,植物たちにとって,水の恵みを受けて,大きく成長していく季節です。
 

6月13日 市総体2日目



6月13日 市総体2日目です。サッカー部,バレー部,バスケットボール部,野球部,卓球部が試合に向かいました。他の中学校の3年生は引退がかかる試合であるため,必死で勝つために挑んでくると思います。本校生も気合い十分です。日頃の練習の成果を発揮してほしいと思っております。写真は朝の出発前のようすです。
 結果や写真は後日まとめてお知らせします。
 

6月12日 満開のアジサイの花

6月12日 アジサイの花の部分がきれいに咲きました。4日のブログでのせた花と同じものです。比べてみてください。アジサイの萼(がく)の色は土壌のpHの影響を受けて,色が変化します。この萼の色は桃色ですが,近くに咲いている萼の色は青色です。学校のいろいろな場所のアジサイの萼の色を見るとおもしろいですよ。
 

6月12日 ニュージーランド語学研修事前説明会


6月12日 ニュージーランド語学研修の事前説明会が4年次生保護者対象に行われました。年次や旅行業者より,日程や事前に準備しておくものなどの詳しい説明がありました。あと1ヶ月半でニュージーランドに旅立つ4年次生,楽しみでワクワク,または英語漬けの生活ということでドキドキしているでしょう。上は昨年度の写真です。
 

6月12日 メダカの赤血球

6月12日 理科の授業で,メダカの尾びれの毛細血管とその中を流れている血液のようすを観察しました。これは男子生徒が撮った写真です。骨の上部に赤血球が毛細血管内を一列に流れているようすが分かります。授業中にロイロノートでクラス全員共有をしました。本校は,撮った顕微鏡写真をロイロノートの資料箱に残し,誰でもいつでも見ることができます。
 

6月11日 またまた快挙!囲碁将棋部前期生も全国大会へ!



6月11日 中学校将棋団体戦全国大会出場が決定しました。6月9日に行われた文部科学大臣杯第15回小・中学校将棋団体戦茨城県大会において,1年次1名,2年次生2名のチームが優勝し,全国大会出場を決めました。全国大会が7月23日に東京の大手町サンケイプラザで行われます。頑張ってください!
 

6月11日 受験生の守り神

6月11日 「ピカチュー」のような石碑が本校にあるのをご存じですか。1年次生は知らないかもしれません。そう,後期生はよく知っている場所。「ブライトホール」の入り口にあります。この石碑は昨年までいらっしゃった先生が持ってきたとも言われていますが,事実は分かりません。受験生の守り神として,本校生はとても大切にしています。ピカチュー!!
 

6月8日 かえで祭2日目一般公開












6月8日 かえで祭2日目一般公開が行われました。本日の来校者は3508名でした。生徒たちはクラスや部活動の催しで保護者や小学生に「おもてなし」が出来たようです。閉祭式でも各賞の表彰もたいへん盛り上がりました。クラスパフォーマンス1位は6年次C組でした。
 かえで祭実行委員のみなさんのおかげで,本校生だけでなく来校者の方々もとても楽しむことが出来たと思います。素晴らしいはたらきでした。ありがとうございました。お疲れさまでした。
 

6月8日 G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合



6月8日 つくば国際会議場で行われている「G20茨城つくば貿易・デジタル経済大臣会合」において,5年次生6名が参加国の閣僚に対して,「AIを利用した食品ロスの削減」についての提言を行いました。提言内容は,余った食品を必要な家庭などに配る革新的な食品輸送を「The MOTTAINAI System」として提案しました。ハイパーループ輸送システムとドローンを取り入れたり,食材の安全性と需要・供給の管理をAIで行ったりするシステムです。代表生徒は堂々と英語でパワーポイントを用いたプレゼンテーションを行うことが出来ました。下の写真は提言後の記者会見のようすです。代表生徒は,「発表をしたあとに,参加国の閣僚から盛大な拍手をいただき,大きな場で発表したという実感がわきました。良い経験となりました。」と言っておりました。
 

6月7日 かえで祭1日目 フォトギャラリー2

6月7日 フォトギャラリー2
8日本日の一般公開は9時から15時までとなっております。







 

6月7日 かえで祭1日目 フォトギャラリー1

6月7日 かえで祭1日目のフォトギャラリー1














 

6月7日 かえで祭1日目







6月7日 かえで祭1日目(本校生徒のみ)が終了しました。開祭式で,前期生は年次合唱,後期生はクラスごとのパフォーマンスが行われました。クラスパフォーマンスは凝った映像あり,ダンスあり,演劇ありと盛りだくさんでした。どのクラスも素晴らしかったです。午後は,模擬店をしたり,かえでツーリストのプレゼンをしたりと,生徒たちみんな,楽しそうに活動していました。いよいよ明日が一般公開です。
保護者や小学生のみなさんはもちろん,多くの方々のおいでをお待ちしております!
 

6月7日 かえで祭実行委員結団式

6月7日 いよいよ明日からかえで祭です。6日の夜,かえで祭実行委員の結団式が行われました。卒業生達も遊びに来てくれました。実行委員のみなさん,明日から始まるかえで祭の運営などたいへんだと思いますが,頑張って成功させてくださいね。
 

6月6日 アーティスティックスイミング銀メダル!


6月6日 アーティスティックスイミングの「FINAワールドシリーズ第8戦スペインオープン大会(5月31日から6月2日 バルセロナ)」の日本代表選手として出場していた6年次生女子が帰ってきました。日本代表がなんと銀メダルをとりました。おめでとうございます!!生徒の胸元には銀メダルがキラキラと輝いていました。隣に写っているのは担任の石本先生です。アーティスティックスイミングは,2017年まではシンクロナイズドスイミングと呼ばれていた競技です。
 

6月5日 かえで祭まであと2日



6月5日 いよいよかえで祭まであと2日です。かえで祭実行委員は準備に大忙しです。実行委員は6年次生から2年次生までいて,先輩が後輩に仕事を教えることが伝統となっています。「間に合わない~」と言っている生徒もいますが,準備は着々と進んでいます。
 

6月4日 囲碁でまた全国大会出場決定!!



6月4日 6月1日に全国高校囲碁選手権茨城県大会個人戦が行われ,囲碁将棋部4名が参加しました。Aリーグ(茨城県代表決定リーグ)で4年次生男子が茨城県2位となり,全国大会出場を決めました。Dリーグ(高校生になって覚えた選手)でも,4年次生男子が4連勝で1位となりました。4名とも,全力で個人戦に向かい,力を発揮した1日となりました。顧問の佐藤先生と。
 

6月4日 アジサイが咲き始めました

6月4日 玄関やロータリーのアジサイの花が咲き始めました。玄関にあるものは,日本に元々自生する日本固有のガクアジサイです。アジサイは萼が大きく発達した装飾花で,「額咲き」から品種改良をして,「手まり咲き」になったのがホンアジサイです。これからしばらく多くのアジサイが見られそうです。
 

6月3日 かえで祭の準備

6月3日 かえで祭まであと4日です。どの年次も放課後残って,クラスアトラクションやダンスなどの練習を活発に頑張っています。今年のテーマは「颯(はやて)」。「颯」は「みんな活発に動いて新しい風を巻き起こそう!」という意味だそうです。放課後,新しい風がビュービュー吹いている並木中等です。

 

6月3日 TAIRAYAさん


6月3日 本校の道路を挟んで隣にあるTAIRAYAさんがお昼ご飯を販売してくれています。毎日,3色弁当,おにぎり弁当,おにぎり,サンドウィッチ,100%ジュースなどを届けてくれ,生徒たちに大人気です。近頃,3色弁当が売れ筋だそうです。ある前期生は「早く後期生になって,お弁当を買うことが憧れです。」と言っていました。
 

6月3日 パン屋さん

6月3日 本校にはパン屋さんとTAIRAYAさんが入っており,後期生と教員の胃袋を満たしてくれています。パン屋さんは土浦駅ちかくの「千勝堂」です。毎日,おいしいさまざまな種類のパン,スイートポテト,ロールケーキ,ドーナツなどを届けてくれ,生徒たちに大人気です。事前予約も出来るので,たいへん助かります。
 

5月31日 新設中高一貫校の先生方の視察



5月31日 茨城県立新設中高一貫校と高校教育改革・中高一貫校開設チームの先生方36名による学校視察が行われました。朝の登校,授業,給食の準備から片付け,清掃など本校の施設や教育活動のようすを見ていただきました。
 

5月30日 壮行会・生徒総会


5月30日午後 壮行会と生徒総会が行われました。6年次女子生徒の陸上の関東大会出場の壮行会を行いました。大きな怪我を乗り越えて復活を遂げた彼女は茨城県大会で100mハードル2位,県西大会で新記録を出しました。全校生徒の前で,県大会前には緊張したけれど,友達や陸上部の仲間に支えられて結果を残すことが出来たと感謝の言葉を述べておりました。上の写真が壮行会,下の写真が生徒総会の生徒会役員。
 

5月30日 体力テスト・身体測定



5月30日 体力テスト・身体測定を9時から15時まで行いました。柔道場では上体起こし,剣道場では長座体前屈,体育館2Fではシャトルラン,グランドでは50M走などさまざまな種目が行われ,記録を測定しました。種目のタイムや身長が伸びて,大喜びする生徒の姿が見られました。
 

5月29日 石田総務大臣がいらっしゃいました。





5月29日 石田真敏総務大臣が来校されました。6月8日につくば市で開催される「G20 貿易・デジタル経済大臣会合」で本校生徒6人が参加閣僚らを前にプレゼンテーションを行います。それに向け,総務大臣が生徒たちを激励に来てくださいました。生徒たちは「緊張したけれど,大臣が気さくに話しかけてくれました。提言のアドバイスをいただいたので,8日は頑張りたいと思います。」と言っておりました。日本の高校生代表として,英語で提言プレゼンテーションを行います。頑張ってください!
 

5月28日 肺のモデル

5月28日 2年次生の理科授業「呼吸」で肺のモデルをつくりました。色とりどりです。本物のブタの肺も気管から空気を入れ,どのぐらい両肺がふくらむかも観察しました。かなりふくらむため,生徒はビックリしていました。本校の授業は実物にふれる,体験するをモットーに行っています。肺もシリコンを注入して,シリコン標本をつくりました。
 

5月27日 バラの季節

5月27日 バラの季節になりました。本校のバラも綺麗に咲いています。本校は季節ごとにいろいろな花が咲き,校内を歩くのが楽しいです。玄関やロータリーの紫陽花のつぼみも段々大きくなってきています。
 

5月24日 かえでツーリスト準備

5月24日午後 1年次生の総合的な学習の時間のようすです。ミニ課題探究の一環として,自分が住んでいる市町村について,1つのテーマに絞って,見学や調査した内容をまとめています。6月8日(土)のかえで祭一般公開日に「かえでツーリスト」として,各教室でプレゼンをします。ぜひ,本校1年次生の一生懸命のプレゼンを見学ください。
 

5月24日 素敵なギャラリー「小満(5月21日)」

5月24日 素敵なギャラリー「小満(5月21日)」の切り絵です。桑の葉と蚕の繭がデザインされた素敵な切り絵です。生物室で,科学研究部の男子生徒が一昨年と昨年,蚕を研究用に飼っていました。学校に生育している桑の葉をあげると,蚕がもぞもぞとよってきて,「ムシャムシャ」と音を立てて食べるようすがかわいらしいです。下の写真は「小満」の前の「立夏」の作品です。
 

5月23日 紺碧の空の下のブライトホール

5月23日 「ブライトホール」定期テストⅠの最終日です。生徒たちは「ブライトホール」「ラーニングコモンズ」などで朝から頑張って勉強していました。「ブライトホール」は4年次生以上の生徒たちが使うことのできる建物(1Fは自転車置き場)です。朝7時から夜8時まで開館しています。休日も開いており,部屋が多く,充実しています。
 

5月22日 将棋春季大会女子個人第2位




5月22日 将棋部の5年次女子生徒が第55回茨城県高等学校将棋春季大会において女子個人第2位という素晴らしい成績をおさめました。夏に行われる全国総合文化祭(佐賀県)に茨城県代表として出場します。佐賀の地で,大いに日頃の部活動の成果を発揮してほしいと思っております。隣に写っているのは顧問の佐藤先生です。
 

5月21日 並木中等初オリンピック強化指定選手


5月21日 本校より初のオリンピック強化指定選手が出ました。6年次の女子生徒です。彼女は4月末に行われた第95回日本選手権水泳競技大会ソロテクニカル(アーティスティックスイミング)で第5位という素晴らしい成績をおさめました。さらに,「FINAワールドシリーズ第8戦スペインオープン大会」の日本代表選手として,28日にスペインに向けて出発の予定です。東京オリンピック2020まで,とても忙しい日々だと思いますが,並木中等生,教職員一同活躍を応援しています。
 

5月20日 鴨川合宿 メインイベント!







5月20日 鴨川合宿2日目メインイベントのカッター訓練とウォークラリーを行いました。カッター訓練はクラス全員が気持ちを合わせ,かけ声をかけ,動きを合わせないとまっすぐに進まないのです。漕いでいるうちに,クラス全体が1つにまとまり,真っ直ぐに進むようになりました。疲れたようですが,たいへん楽しかったようです。その後のウォークラリーも班ごとに素晴らしい景色を見ながら,歩くことが出来ました。
 

5月20日 鴨川合宿 朝のようす




5月20日朝 千葉県立鴨川青年の家の朝のようすです。みんなで掃除をして,来たときよりも美しくなるように努めました。朝ご飯の場所も素晴らしい景色でした。おいしいご飯もさらにおいしく感じました。
 

5月19日 鴨川シーワールド ナイトアドベンチャー




5月19日夜 鴨川シーワールドのナイトアドベンチャーです。夜の水族館の生き物の見学です。昼間には見ることの出来ない生き物の姿,ようすを見ることができて,みんな大興奮でした。21日は昼間の水族館の見学です。夜との違いに気づいてほしいです。
 

5月19日 千葉市科学館






5月19日午前中 1年次鴨川1日目 千葉市科学館に到着しました。科学館では内径23mの全天周ドーム型プラネタリウムを全員で鑑賞し,その後,班別研修を行いました。多くの体験施設で科学の楽しさや自然の不思議を感じることが出来ました。その後,お弁当をおいしそうにほおばっていました。1年次の保護者の皆様 朝早くからお弁当づくりありがとうございました。
 

5月19日 鴨川出発式





5月19日 鴨川合宿の出発式のようすです。実行委員長と年次主任の飯倉先生よりお話がありました。大型バスに乗り込み,笑顔いっぱいで見送りの保護者や多くの先生方に手を振り,出発していました。楽しく充実した二泊三日になると良いですね。いってらっしゃい。

 

5月18日 野菜のプランター

5月18日 2年次生の教室のベランダに,さまざまな野菜を育てているプランターが置いてあります。技術の生物育成の一環で育てています。プランターに種をまき,いろいろな野菜の芽が出てきました。収穫の時期が楽しみです。
 

5月17日 鴨川合宿結団式


5月17日5時間目 1年次生の鴨川合宿(19日~21日)の結団式が実践室で行われました。実行委員長の挨拶,注意事項,係打ち合わせ,年次主任飯倉先生のお話などがありました。鴨川合宿はカッター研修やクラス紹介,鴨川シーワールド見学(夜と昼)など盛りだくさんです。二泊三日を通して,合宿のスローガン「友情という名の化学反応を起こせ」のように友達をたくさんつくってほしいと思っています。上の写真は,鴨川合宿の実行委員です。
 

5月17日1時間目 ちょっと見週間

5月17日1時間目 本校は教員の授業力向上のために,毎月「授業ちょっと見週間」があります。今日は,5年次主任の細井先生の漢文授業を見学しました。「晏子之御」を脚本化し,人物の言動や状況を主体的に捉えるという授業でした。一生懸命に生徒たちは妻と御者,晏子を演じておりました。写真の教壇に立っているのは御者役の生徒です。クラス全体がとても盛り上がっており,楽しく学べる「アクティブ・ラーニング」でした。
 

5月17日 シャリンバイの花

5月17日 本校庭園にあるシャリンバイの花が今きれいに咲いています。実はこの葉に火のついた線香を近づけると,線香を中心にドーナツ型の黒い輪ができます。これは化学反応で起こる現象です。科学研究部の女子生徒がその現象をテーマとして研究し,昨年,県展で賞をもらいました。身近なところに研究テーマはころがっているものです。
 

5月16日 FMT

5月16日 かえで祭で生徒たちがとても楽しみにしているFMT(ファンキー・モンキー・ティーチャーズ)の練習風景です。生徒たちが下校した8時半頃の音楽室です。校長先生はボーカルです。今年もかえで祭での演奏がとても楽しみです。
 

5月15日 素敵なギャラリー4

5月15日 素敵なギャラリーの紹介です。近藤先生の作品である切り絵が一昨日「蚯蚓出ずる」となりました。もぞもぞと土から出てきたミミズとスズメの組み合わせが素敵です。
 

5月14日 素晴らしいニュース

5月14日 本校生の素晴らしいニュースです。5年次生1名がUWC(United World Colleges)の全国21名の枠に選抜されました。コスタリカ校派遣が決定しています。4月23日のブログ(トビタテ!留学JAPAN)2名と合わせて3名の5年次生,海外でも並木中等生らしく謙虚に学び,活躍してください!
 

5月12日 つくばフェスティバル



5月12日 大清水公園でつくばフェスティバルが行われました。並木中等のブースには多くの小学生が訪れ,科学研究部生徒の説明を聞きながら,セパタクローボールをつくりました。「2年前に来て,楽しかったからまた来ました。」と言ってくれた小学生もいました。列が途切れることがなく,大盛況でした。科学研究部の生徒たちはよく頑張りました。
 

5月11日 PTA総会・授業参観・年次懇談会・部(同好会)懇談会



5月11日 PTA総会,授業参観,年次懇談会,部(同好会)懇談会が一日かけて行われました。多くの保護者の皆様にご来校いただき,誠にありがとうございました。授業参観では,本校のアクティブ・ラーニングのようすをご覧いただきました。生徒たちはイキイキと元気に学習しておりました。
 

5月10日 アート・アクティブ・ラーニング



5月10日 AAL(アート・アクティブ・ラーニング)を2年次の理科で行いました。生徒たちは一人一台のiPadを用いて,顕微鏡写真を上手に撮ることが出来るようになってきました。本校では、材料のムラサキツユクサやユキノシタを実験用に花壇で育てています。
 

5月9日 サツキとツツジの違い



5月9日 新緑のまぶしい季節となりました。本校の校門付近や庭には赤やピンク,白のサツキが美しい彩りをそえています。上の写真は校長先生の作品です。ところで,サツキとツツジの違いをご存じですか。サツキもツツジもツツジ属で種が違うだけ。葉の先が尖っているのがサツキ,花弁や葉が大きく,開花時期が早いほうがツツジだそうです。
 

5月8日 つくばフェスティバル2019のお知らせ

5月8日 今週末,つくばフェスティバル2019が大清水公園などで開催されます。12日に本校の科学研究部が大清水公園で行われる「科学にチャレンジコーナー」に出展します。PPバンドを用いた数学と理科の融合のイベント「セパタクローボールをつくろう」を行います。ぜひ並木中等ブースへ遊びに来てください。お待ちしております。
 

5月7日令和元年初の授業日 素敵なギャラリー3

5月7日 6日が「立夏」ということで,ギャラリーの切り絵とお花が上の作品に変わりました。並木中等の庭木の新緑も美しく,少しずつ夏が近づいてきています。また,今日は令和元年初の授業日です。新しい時代を迎えて,子どもたちの前向きなエネルギーを感じます。
 

4月30日平成最後の日 科学研究部の活動

4月30日 平成最後の日もグラウンドや体育館などで,部活動が行われました。科学研究部には,3回生でIntel ISEFF(国際学生科学技術フェア)に日本代表で参加し,アメリカ園芸学会賞3等に入賞した久保君が指導に来てくれました。研究を行う上で重要なこと,ISEFのことなど多くのことを後輩たちに教えてくれました。
 

4月27日午後 筑波大留学生とのディスカッション


4月27日午後 6月8日に行われるG20における「高校生による提言発表」に向けて,5年次生6名と筑波大学留学生7名でディスカッションを行いました。ドローンを実際に研究しているルワンダの映像を見せていただいたり,各国のようすや専門のお話を聞くことができたりしました。生徒たちは提言発表に向けての理解が深まったようです。
 

4月27日 土曜日学習会

4月27日 4年次生初めての土曜日学習会(土学)が行われました。しかも,平成最後の土学です。この写真は3年次一年間で学習した「化学基礎」の内容をしっかりと定着させていくことを目指して,定着度確認テストと解説を行っているところです。
 

4月26日 ICT教育



4月26日 ICTを活用した授業の視察に,すららネットとリセマムの方がいらっしゃいました。5時間目に行われた4年次生物(一人一台iPad)と数学(一人一台Chromebook),2年次理科(一人一台iPad)を見ていただきました。本校は,15年以上も前から各教室にプロジェクターとパソコンが導入され,6年前からiPad,Apple TV,Wi-Fiが入っています。今は,体育館などもタブレットがつながる恵まれた環境です。その環境を利用して,さまざまなICT教育が行われています。
 

4月25日 交通安全教室

 
4月25日 警察による「交通安全教室」が1年次生対象に実施されました。この4月に自転車通学を始めたり,遠距離を通い始めたりした1年次生にとって重要な教室となりました。自転車の乗り方やマナー,交通法規などをしっかり学ぶことが出来たようです。学んだことを生かし,注意して登下校しましょう。

 

4月24日 素敵なギャラリー2

4月24日 「素敵なギャラリー」の近藤先生の切り絵と石本先生のお花の写真です。今週の作品です。切り絵の説明「冬の間すっかり枯れてきた水辺の葦。よく見ると若芽を出し始めているのに気が付きます。山や野にも芽吹きの季節がやってきます。」を読み込んでいる生徒をよく見かけます。
 

4月24日 ICHARM

4月23日午後 土木研究所のICHARM(水災害国際マネジメントセンター)OPEN DAYが行われました。科学研究部と英語部の生徒たちが参加しました。生徒たちは各国の研究者の英語のプレゼンテーションを聞き,活発に英語で質疑応答をしていました。
 

4月23日放課後 演劇部発表会

4月23日放課後 演劇部の発表会がありました。新入生が多く見に来ていました。社会の成績でアヒル(2)をもらった主人公吉田と天使ジュリエッタのばたばたコメディー劇「私と天使とときどきシロアリ」でした。部員の日頃の練習成果を発揮していました。
 

4月23日 素晴らしいニュース

4月23日昼 本校生の素晴らしいニュースが飛び込んできました。「トビタテ!留学JAPAN」に2名の5年次生が奨学生として採用されました。国際ボランティア枠で1名は南アフリカ(7/7-8/10現地のユニセフやNPO訪問。将来の夢は小児科医。貧困地域における医療活動を知り,自らの将来に役立てたい。),もう一人はガーナ(7/22-8/27将来の夢は動物看護士。人と動物の接し方や動物の生態を学び,能動的に考え自分の未来に役立てたい。)に留学します。
 

4月22日 授業でAAL


4月22日 2年次生の理科の授業では,タマネギやオオカナダ,ほおの細胞を観察し,スケッチをしています。さらに,iPadで写真を撮っています。眼下に広がる細胞の美しさに「お~」と感動する声が聞こえてきます。これこそアート・アクティブ・ラーニングです。下はD組女子が撮った写真です。
 

4月19日 4年次生宿泊学習2日目昼




4月19日昼 4年次生の宿泊学習のようすです。年次主任講話の後,網焼きバーベキュー,魚釣りを行いました。夕方,帰ってきた4年次生の多くが「楽しかった~。でも,疲れた~。」と言っていました。多くのことを学んだ一泊二日になったようです。

 

4月19日 4年次生宿泊学習2日目





4月19日朝 4年次生の宿泊学習第2日目です。6時30分に起床し,全員で体操とジョギングをしました。今日は,中島達也年次主任の講話の後,網焼きバーベキュー,魚釣りを行う予定になっています。4年次生は元気,笑顔いっぱいです。
 

4月18日 4年次生宿泊学習1日目




4月18日 4年次生の宿泊学習第1日目が県立白浜少年自然の家で行われています。昼食の飯盒炊飯でカレーと豚汁をつくりました。班ごとに協力して,ワイワイと楽しそうにつくり,おいしそうに食べていました。夕方から集団行動訓練やOBOGガイダンスも行いました。後輩のために,OBOGが白浜少年の家まで駆けつけてくれました。ありがとうございます。
 

4月17日 「理数探究」のオリエンテーション


4月17日 本校の特色である「理数探究」のオリエンテーションが行われました。企画研究部部長の吉村先生から「理数探究をなぜやるのか」「理数探究の一年の流れ」のお話がありました。その後,ゼミに新4年次生が入ったため,初顔合わせを行いました。年々,理数探究のレベルがあがってきているので,12月の校内発表会が今から楽しみです。
 

4月16日 タイ王国教育関係者来校

4月16日15時 タイ王国教育関係者4名と通訳,県議会議員臼井先生が学校視察にいらっしゃいました。1年次から6年次までの授業を自由に見学していただき,本校の様々な取り組みについての質問を受けました。本校は,日本国内だけでなく海外からの学校視察が多く行われています。
 

4月15日 宇宙飛行士大西さん来校




4月15日16時 「君は何を求めて宇宙を駆けるのか」文部科学省主催,日本科学未来館共催,JAXA協力の科学技術週間第60回記念イベントが本校で行われました。滅多に会うことの出来ない宇宙飛行士と今大注目の宇宙ベンチャーの社長さんが本校に来てお話をしてくださるという大イベントでした。本校生だけでなく,他校生や一般の方も参加していました。
 第1部「宇宙が日常の場に」において,JAXA宇宙飛行士の大西卓哉さんと人工流れ星を流す宇宙ベンチャー企業である(株)ALEの代表取締役社長 岡島礼奈さんの対談がありました。本校生より様々な質問が出て,会場全体が盛り上がりました。
 第2部「高校生による未来創造対話~君は何を求めて宇宙を駆けるのか~」では,本校生徒2名と長野県高校生1名のそれぞれが大西宇宙飛行士と岡島さん,そしてJ-WAVEナビゲーターの川田十夢さんの前で将来的にどのように宇宙を利用していくかという内容でプレゼンをしました。そして,感想や意見をいただきました。この対談のようすは,4月26日(金)と5月3日(金)の2回に分けて,20時から22時のJ-WAVE(FM放送)の番組内で放送されるそうです。

 

4月12日 新入生部活動見学




4月12日 放課後 新入生の部活動見学期間であるため、11日の部活動紹介で興味・関心をもった部活を訪問しています。運動部ではすでにジャージに着替えて活動している新入生(緑色ジャージ)もいました。新入生は25日に入部届を出すことになりますので、自分に合い、充実した中等生活を送ることのできる部活を見出してほしいと思っています。
 

4月11日 クラス写真撮影 部活動紹介

4月11日午前中 2年次から6年次までの実力テストが終了しました。そのあと,クラス写真を全年次でとりました。みんな新しいクラスに対して,希望に満ちあふれた良い表情をしていました。クラス写真のできあがりが楽しみです。



4月11日午後 生徒会主催の部活動紹介が体育館で行われました。5時間目は運動部,6時間目は文化部の2・3年次生が新入生の前で部活動の紹介をしました。パフォーマンスや日頃の練習のようすをみせたり,新入生に対する入部の呼びかけをしたりと部活動ごとに趣向を凝らした紹介でした。いよいよ本日から新入生の部活動体験が始まります。
 

4月10日 初・給食と対面式

4月10日昼 新入生にとって,初めての給食です。新しいクラス,新しい仲間との給食は少し緊張しているように見えましたが,多くの新入生が,筑波学校給食センターでつくってくださっているおいしい給食を完食していました。今日からお弁当持ちになった4年次生が「給食がうらやましい!」と言っておりました。


4月10日15時 対面式が体育館で行われました。2年次生から6年次生が拍手で迎える中,新入生が入場し,先輩たちの前で緊張の面持ちでクラスごとに並びました。新入生代表の言葉や新入生が声をあわせて「よろしくお願いします!」と言った言葉も意欲に満ちあふれた素晴らしいものでした。

 

4月9日 第12回入学式


4月9日11時 入学式が挙行され,12回生160名が入学しました。担任の先生方からの呼名に対する返事も元気に大きな声ででき,一つ一つの動きもたいへん立派でした。新入生の目は希望に満ちあふれ,キラキラと輝いていました。新しいクラスに早く慣れ,多くの友達をたくさんつくってほしいと思っています。


 4月9日13時 担任の自己紹介や学級経営方針のお話のホームルーム活動後,毎年恒例の部活動新入生勧誘が行われました。いろいろな部活の生徒たちがつくった花道を新入生と保護者が通りながら,多くのビラをもらったり,声をかけられたりしていました。来週から始まる入部体験で自分に合う部活を見つけてほしいと思っています。
 

4月8日 新任式・始業式

4月8日朝 新クラス発表の用紙が7時30分に昇降口に張り出されました。生徒たちはいつもより朝早くに学校に来て、クラス発表を今か今かと待っておりました。発表後、大きな歓声が聞こえ、喜び合う姿が見られました。今日から新クラスが始まります。新しい友達や仲間をつくり、充実した学校生活を送ってほしいと願っています。

4月8日10時 体育館において、新任式と始業式が行われました。今年度16名の新任の先生が本校にいらっしゃいました。始業式において、校長先生から「世の中が変わるときは、自分も変わるチャンス」という内容の講話、学習進路指導部長の荻野先生より「6回生の実績について・日々の授業を大切にすること等」、学校生活部長の小神野先生より「並木中等生としての誇りをもって、生活すること等」のお話がありました。
 

4月6日 吹奏楽部定期演奏会

4月6日 第21回並木中等教育学校吹奏楽部の定期演奏会がノバホールで行われました。ラプソディー・イン・ブルーなどが演奏された第一部,第二部の音楽劇「白雪姫」,第三部のポップステージのすべてが日頃からの練習の成果が発揮された素晴らしい演奏でした。吹奏楽部6年次生の引退の日でもあり,演奏終了後,後輩たちは涙ぐんでいました。部員同士の仲の良さが伝わってくる光景でした。
 

4月5日 素敵なギャラリー

4月5日 本校中央階段1階と2階の踊り場にはギャラリーがあります。近藤先生の二十四節気に関する切り絵と石本先生のお花が飾られています。上は4月4日までの作品,4月5日(清明)からは下の作品に変わりました。切り絵やお花から季節の移り変わりを感じられる並木中等の素敵な空間です。
 

4月4日 ボランティア委員の活躍

4月4日 ボランティア委員が世話をしていた花が綺麗に咲いています。秋に球根を植えたヒヤシンス,ムスカリ,ラッパスイセンなどが美しい花を咲かせました。春休みも毎日水やりをしてくれています。花を思いやる気持ちが美しい花を咲かせてくれました。

 

4月3日 離任式

4月3日 離任式が行われました。退職,異動される7名の先生方から,心に響く感動的なお話や先生方の温かいお人柄の分かるお話などがありました。これまで,並木中等教育学校を支えてくださった先生方,大変感謝しております。ありがとうございました。新天地でもご活躍ください。
 

令和元年度

今後,本ページより並木中等教育学校の日常を配信します。
 
欠席・遅刻連絡フォーム
保護者の皆様
生徒の欠席・遅刻等の連絡を受け付けます。こちらをクリックしてください。
※フォーム入力は保護者が8時20分までに行ってください。
 
令和3年度学校案内
 

              
 
並木中等グランドデザイン2020
部活動活動方針

茨城県立並木中等教育学校

〒305-0044
茨城県つくば市並木4-5-1
代表TEL: 029-851-1346
FAX: 029-852-5030
 
 
Copyright 2015 茨城県立並木中等教育学校 All Rights Reserved.